バガヴァッド・ギーター第4章第22節

インド古典中もっとも有名なバガヴァッド・ギーターの原典講読です。
インドの霊的文化の支柱となる本書を、サンスクリット語の学習をしながらお楽しみください。

यदृच्छालाभसंतुष्टो
yadṛcchālābhasaṁtuṣṭo
ヤドリッチャーラーバサントゥシュトー
偶然に得たものに満足し

yadṛcchā【女性・単数・主格 yadṛcchā】偶然、不意;自然発生的な現象
lābha【男性】発見、会合;〜の獲得、取得;所得、利得、利益;得られた物、獲得物;捕獲;理解、知識
saṁtuṣṭas【男性・単数・主格 saṁtuṣṭa√tuṣの過去受動分詞)】満足した、充足した;(具格)をもって満足させられた
→lābhasaṁtuṣṭo【男性・単数・主格、所有複合語】得たものに満足した

द्वंद्वातीतो विमत्सरः ।
dvaṁdvātīto vimatsaraḥ |
ドヴァンドヴァーティートー ヴィマツサラハ
相対を超越し、妬むことなく

dvaṁdva【中性】一対、夫婦、夫と妻、男性と女性;(熱と冷、喜と悲など)反対するものの対;喧嘩、争い;決闘;疑念、困惑;並列合成語(相違釈)
atītas【男性・単数・主格 atīta(ati-√iの過去受動分詞)】過ぎ去った、過去の
→dvaṁdvātītas【男性・単数・主格、所有複合語】相対的なもの(寒暑・苦楽・喜怒等)を超越した
vimatsaras【男性・単数・主格 vimatsara】嫉妬を離れた;利他的な

समः सिद्धाव् असिद्धौ च
samaḥ siddhāv asiddhau ca
サマハ シッダーヴ アシッダウ チャ
成功と不成功を等しく見る人は

samas【男性・単数・主格 sama】〜に関して類似の・似た・等しい・同等の・同じ・同一の;不変の;中等の
siddhau【女性・単数・処格 siddhi】[〜において、〜のなかで]完成、遂行、履行、完全なる達成、成功;成就、解脱
asiddhau【女性・単数・処格 asiddhi】[〜において、〜のなかで]不成就;失敗、不成功;不確定
ca【接続詞】そして、また、〜と

कृत्वा ऽपि न निबध्यते ॥
kṛtvā ‘pi na nibadhyate ||
クリトヴァー ピ ナ ニバディヤテー
行為しつつも、束縛されない

kṛtvā【絶対分詞 √kṛ】[〜して、〜してから]為す、作る、遂行する、用いる
api【不変化辞】さらに、また、同様に;されど、なお
na【否定辞】〜でない
nibadhyate【三人称・単数・アートマネーパダ・現在 ni√bandh】[彼は〜、それは〜](処格)に縛る、しっかり締める、(処格)に糸を張る;自身に固定する・着る;捕らえる;抑止する、抑制する、禁固する;(処格)に定着する、鋲でとめる

यदृच्छालाभसंतुष्टो द्वंद्वातीतो विमत्सरः ।
समः सिद्धावसिद्धौ च कृत्वाऽपि न निबध्यते ॥२२॥

yadṛcchālābhasaṁtuṣṭo dvaṁdvātīto vimatsaraḥ |
samaḥ siddhāvasiddhau ca kṛtvā’pi na nibadhyate ||22||
偶然に得たものに満足し、相対を超越し、妬むことなく、
成功と失敗を等しく見る人は、行為しつつも、束縛されない。