バガヴァッド・ギーター第4章第34節

तद् विद्धि प्रणिपातेन
tad viddhi praṇipātena
タッド ヴィッディ プラニパーテーナ
それを知りなさい、心服によって

tat【中性・単数・対格、指示代名詞 tad】[〜に、〜を]それ、あれ
viddhi【二人称・単数・パラスマイパダ・命令法 √vid】[あなたは〜せよ]知る、理解する、気付く、学ぶ
praṇipātena【男性・単数・具格 praṇipāta】[〜によって、〜をもって]平伏、恭しい挨拶;(属格)につつましく服従すること

परिप्रश्नेन सेवया ।
paripraśnena sevayā |
パリプラシュネーナ セーヴァヤー
質問によって、奉仕によって

paripraśnena【男性・単数・具格 paripraśna】[〜によって、〜をもって]〜に関する質問、尋問
sevayā【女性・単数・具格 sevā】[〜によって、〜をもって]〜へしばしば通うこと;訪問;奉仕;敬礼、崇拝;〜に対する敬意;〜に対する溺愛、専念、実践、使用、慣れ親しむこと、頻繁に楽しむこと

उपदेक्ष्यन्ति ते ज्ञानं
upadekṣyanti te jñānaṁ
ウパデークシャンティ テー ジュニャーナン
あなたに知識を教示するだろう

upadekṣyanti【三人称・複数・パラスマイパダ・未来 upa√diś】[彼らは〜だろう、それらは〜だろう](対格)を指示する;説明する、指摘する、指す;教える、教育する;忠告する;勤める;規定する;〜について言う、話す;命令する、支配する;名付ける、呼ぶ
te【単数・為格、二人称代名詞 tvad(tubhyamの附帯形)】[〜に、〜のために]あなた
jñānam【中性・単数・対格 jñāna】[〜に、〜を]知ること;知識;真の知識、優れた知識;知恵;企図;仮定;意識;感覚器官

ज्ञानिनस् तत्त्वदर्शिनः ॥
jñāninas tattvadarśinaḥ ||
ジュニャーニナス タットヴァダルシナハ
真理を観る知者たちは

jñāninas【男性・複数・主格 jñānin】[〜らは、〜らが]知識あるもの;占術家、占星家
tattva【中性】(それなること)、真の本質、真実の本性、真理、実在
darśinas【男性・複数・主格 darśin】見る、視る、注意する、見放す;知る、理解する;経験する;示す、教える
→tattvadarśinas【男性・複数・主格、限定複合語】真理を見る、本質を示す

तद्विद्धि प्रणिपातेन परिप्रश्नेन सेवया ।
उपदेक्ष्यन्ति ते ज्ञानं ज्ञानिनस्तत्त्वदर्शिनः ॥३४॥

tadviddhi praṇipātena paripraśnena sevayā |
upadekṣyanti te jñānaṁ jñāninastattvadarśinaḥ ||34||
心服によって、質問によって、奉仕によって、それを知りなさい。
真理を観る知者たちは、あなたに知識を教示するだろう。