バガヴァッド・ギーター第4章第37章

インド古典中もっとも有名なバガヴァッド・ギーターの原典講読です。
インドの霊的文化の支柱となる本書を、サンスクリット語の学習をしながらお楽しみください。

यथैधांसि समिद्धो ऽग्निर्
yathaidhāṁsi samiddho ‘gnir
ヤタイダーンシ サミッドー グニル
あかたも燃え上がる火が、薪を

yathā【接続詞】〜のように、あたかも〜のように(tathāとともに)
edhāṁsi【中性・複数・対格 edhas】[〜らに、〜らを]燃料
samiddhas【男性・単数・主格 samiddha】点火する;火が付いた、発火した
agnis【男性・単数・主格 agni】[〜は、〜が]火;火災;アグニ神

भस्मसात् कुरुते ऽर्जुन ।
bhasmasāt kurute ‘rjuna |
バスマサート クルテー ルジュナ
灰にするように、アルジュナよ

bhasmasāt【副詞】灰とされる;灰とする
kurute【三人称・単数・アートマネーパダ・現在 √kṛ】[彼は〜、それは〜]為す、作る、遂行する、用いる
arjuna【男性・単数・呼格 arjuna】[〜よ]アルジュナ

ज्ञानाग्निः सर्वकर्माणि
jñānāgniḥ sarvakarmāṇi
ジュニャーナーグニヒ サルヴァカルマーニ
知識の火は、すべての行為を

jñāna【中性】知ること;知識;真の知識、優れた知識;知恵;企図;仮定;意識;感覚器官
agnis【男性・単数・主格 agni】[〜は、〜が]火;火災;アグニ神
→jñānāgnis【男性・単数・主格、同格限定複合語】[〜は、〜が]知識の火
sarva【中性】すべての、一切の、各々の;全体の
karmāṇi【中性・複数・対格 karman】[〜らに、〜らを]行為、作業;作用、職業;儀式;結果;運命(前世に行った行為の結果)、業
→sarvakarmāṇi【中性・複数・対格、同格限定複合語】[〜らに、〜らを]すべての行為、一切の業

भस्मसात् कुरुते तथा ॥
bhasmasāt kurute tathā ||
バスマサート クルテー タター
灰にする

bhasmasāt【副詞】灰とされる;灰とする
kurute【三人称・単数・アートマネーパダ・現在 √kṛ】[彼は〜、それは〜]為す、作る、遂行する、用いる
tathā【副詞】そのように、同様に;そして、また

यथैधांसि समिद्धोऽग्निर्भस्मसात्कुरुतेऽर्जुन ।
ज्ञानाग्निः सर्वकर्माणि भस्मसात्कुरुते तथा ॥३७॥

yathaidhāṁsi samiddho’gnirbhasmasātkurute’rjuna |
jñānāgniḥ sarvakarmāṇi bhasmasātkurute tathā ||37||
アルジュナよ、あかたも燃え上がる火が、薪を灰にするように、
知識の火は、すべての行為を灰にする。