バガヴァッド・ギーター第5章第2節

インド古典中もっとも有名なバガヴァッド・ギーターの原典講読です。
インドの霊的文化の支柱となる本書を、サンスクリット語の学習をしながらお楽しみください。

श्रीभगवान् उवाच ।
śrībhagavān uvāca |
シュリーバガヴァーン ウヴァーチャ
クリシュナは語った

śrībhagavān【男性・単数・主格 śrībhagavat】栄光ある方、神聖な神、威厳ある尊者。ここではクリシュナのことを指す。
uvāca【三人称・単数・パラスマイパダ・完了 √vac】[彼は〜した]言う、語る

संन्यासः कर्मयोगश्च
saṁnyāsaḥ karmayogaśca
サンニャーサハ カルマヨーガシュチャ
(行為の)放擲と行為のヨーガは

saṁnyāsas【男性・単数・主格 saṁnyāsa】[〜は、〜が](属格、―゜)の放棄;契約;寄託、委託
karmayogas【男性・単数・主格、限定複合語 karmayoga】[〜は、〜が]行為のヨーガ、行為の道、行道;動作、活動;聖業の実践
ca【接続詞】そして、また、〜と

निःश्रेयसकरव् उभौ ।
niḥśreyasakarav ubhau |
ニヒシュレーヤサカラヴ ウバウ
共に至福をもたらす

niḥśreyasa【中性】無上の幸福、至福、至上、救済 【形容詞】より優れたもののない、最上の
karau【男性・両数・主格 kara】行う、為す;惹起する、生ずる[一般に―゜(合成語の終わり)]
→niḥśeyasa-karau【男性・主格・両数】至福をもたらす
ubhau【男性・両数・主格 ubha】[〜は、〜が]両方、両者

तयोस् तु कर्मसंन्यासात्
tayos tu karmasaṁnyāsāt
タヨース トゥ カルマサンニャーサート
しかし、その両者のなかで、行為の放擲より

tayos【男性・両数・処格、指示代名詞 tad】[〜において、〜のなかで]それら両者、両方
tu【接続詞】しかし、一方(虚辞としても使用)
karma【中性】行為、作業;作用、職業;儀式;結果;運命(前世に行った行為の結果)、業
saṁnyāsāt【男性・単数・主格 saṁnyāsa】[〜から、〜より](属格、―゜)の放棄;契約;寄託、委託
→karmasaṁnyāsāt【男性・単数・従格、限定複合語】[〜から、〜より]行為の放擲

कर्मयोगो विशिष्यते ॥
karmayogo viśiṣyate ||
カルマヨーゴー ヴィシッシャテー
行為のヨーガが、より優れている

karmayogas【男性・単数・主格、限定複合語 karmayoga】[〜は、〜が]行為のヨーガ、行為の道、行道;動作、活動;聖業の実践
viśiṣyate【三人称・単数・現在・受動活用 vi√śiṣ】[彼は〜される、それは〜される]大いに尊重される;より優れている

श्रीभगवान् उवाच ।
संन्यासः कर्मयोगश्च निःश्रेयसकरवुभौ ।
तयोस्तु कर्मसंन्यासात्कर्मयोगो विशिष्यते ॥२॥

śrībhagavān uvāca |
saṁnyāsaḥ karmayogaśca niḥśreyasakaravubhau |
tayostu karmasaṁnyāsātkarmayogo viśiṣyate ||2||
クリシュナは語りました。
行為の放擲と行為のヨーガは、共に至福をもたらす。
しかし、そのなかでも、行為のヨーガは、行為の放擲より優れている。