バガヴァッド・ギーター第7章第20節

インド古典中もっとも有名なバガヴァッド・ギーターの原典講読です。
インドの霊的文化の支柱となる本書を、サンスクリット語の学習をしながらお楽しみください。

कामैस् तैस्तैर् हृतज्ञानाः
kāmais taistair hṛtajñānāḥ
カーマイス タイスタイル フリタジュニャーナーハ
種々の欲望によって、知識を奪われた人々は

kāmais【男性・複数・具格 kāma】[〜らによって、〜らをもって]〜に対する願望、欲望;愛、快楽;利益;性愛;愛の神
tais【男性・複数・具格、指示代名詞 tad】[〜らによって、〜らをもって]それ、あれ、彼
→tais tais【男性・複数・具格】[〜らによって、〜らをもって]あれこれ
hṛta√hṛの過去受動分詞】取られた、運び去られた、盗まれた、切断された
jñānās【男性・複数・主格 jñāna】知ること;知識;真の知識、優れた知識;知恵;企図;仮定;意識;感覚器官
→hṛtajñānās【男性・複数・主格、所有複合語】[〜らは、〜らが]知識が運び出された、知識を奪われた

प्रपद्यन्ते ऽन्यदेवताः ।
prapadyante ‘nyadevatāḥ |
プラパディヤンテー ニヤデーヴァターハ
他の神々に帰依する

prapadyante【三人称・複数・アートマネーパダ・現在 pra√pad】[彼らは〜、それらは〜]入る;(路に)踏み入る;(対格)に来る、〜へ赴く、〜へ通う;(対格)の助力を求める、〜の保護を求める;(ある状態)に入る、〜を受ける、〜を経験する;到達する
anya-:他の、別の、異なる;〜以外の
devatās【女性・複数・対格 devatā】[〜らに、〜らを]神性、神力;神格者;神像(聖像)

तंतं नियमम् आस्थाय
taṁtaṁ niyamam āsthāya
タンタン ニヤマム アースターヤ
各々の戒行に従って

tam【男性・単数・対格、指示代名詞 tad】[〜に、〜を]これ、あれ、彼
→tam tam【男性・単数・対格】[〜に、〜を]あれこれ
niyamam【男性・単数・対格 niyama】[〜に、〜を]抑制、制限;束縛;限定、定則、確実なこと;(特殊の場合における)絶対的必要;契約、約束;誓;自ら課した(宗教的)戒律、小さな(随時の)義務
āsthāya【ā√sthāの絶対分詞】[〜して、〜してから](処格)の上に立つ;(対格)に昇る・登る;(靴を)はく;〜に赴く・行く;(一連の行動を)開始する、〜に頼る、(振舞い)を採用する、(ある形を)とる、従う、(ある規則を)遵守する、(手段を)用いる、(行進を)始める、(努力を)する、(同情を)示す;採用する、確認する、真実と考える;(処格を)重視する

प्रकृत्या नियताः स्वया ॥
prakṛtyā niyatāḥ svayā ||
プラクリティヤー ニヤターハ スヴァヤー
自身の本性(プラクリティ)によって定められた

prakṛtyā【女性・単数・具格 prakṛti】[〜によって、〜をもって]本来(または自然)の形体・状態;性質、素質、傾向、気分;基本形態、型、標準、規則;自然;(自然の)始原的構成要素[それから他のすべてが展開される]、根本原質;(国家の)構成要素
niyatās【男性・複数・主格 niyatani√yamの過去受動分詞)】(処格)に結ばれた;握りしめられた;阻止された、抑制された;禁止された、中断された;確定された、確立された、固定した;不変な、一定した;制限された;〜に専心する
svayā【女性・単数・具格 sva】[〜によって、〜をもって]自身の、私の、汝の、彼の、彼女の、我々の、君達の、彼らの

कामैस् तैस्तैर्हृतज्ञानाः प्रपद्यन्तेऽन्यदेवताः ।
तंतं नियममास्थाय प्रकृत्या नियताः स्वया ॥२०॥

kāmais taistairhṛtajñānāḥ prapadyante’nyadevatāḥ |
taṁtaṁ niyamamāsthāya prakṛtyā niyatāḥ svayā ||20||
種々の欲望によって、知識を奪われた人々は、各々の戒行に従い、
自身の本性(プラクリティ)によって定められた他の神々に帰依する。