バガヴァッド・ギーター第7章第27節

インド古典中もっとも有名なバガヴァッド・ギーターの原典講読です。
インドの霊的文化の支柱となる本書を、サンスクリット語の学習をしながらお楽しみください。

इच्छाद्वेषसमुत्थेन
icchādveṣasamutthena
イッチャードヴェーササムッテーナ
好悪から生じた

icchā【女性】願望、欲望
dveṣa【男性】憎悪、嫌悪、〜を憎むこと;害心、悪意、敵意
samutthena【男性・単数・具格 samuttha】[〜によって、〜をもって]〜から生起・生まれた・作られた・派生した;(―゜)に現れる
→icchā-dveṣa-samutthena【男性・単数・具格、限定複合語】[〜によって、〜をもって]好悪から生じた、愛憎から起きた

द्वन्द्वमोहेन भारत ।
dvandvamohena bhārata |
ドヴァンドヴァモーヘーナ バーラタ
相対の迷妄によって、アルジュナよ

dvandvamohena【男性・単数・具格 dvaṃdva-moha】[〜によって、〜をもって]正反対の事物・疑念から起こる難事、不安
bhārata【男性・単数・呼格 bhārata】[〜よ]バラタの子孫。ここではアルジュナのことを指す。

सर्वभूतानि संमोहं
sarvabhūtāni saṁmohaṁ
サルヴァブーターニ サンモーハン
万物は迷妄に

sarvabhūtāni【中性・複数・主格 sarvabhūta】[〜らは、〜らが]一切の存在物、万物、一切衆生 【形容詞】至る処に存在する
saṁmoham【男性・単数・対格 sammohasam√muhからの派生名詞)】[〜に、〜を]昏睡状態、失神;夢中、妄想;迷妄;無明

सर्गे यान्ति परंतप ॥
sarge yānti paraṁtapa ||
サルゲー ヤーンティ パランタパ
創造のなかで陥る、アルジュナよ

sarge【男性・単数・処格 sarga】[〜において、〜のなかで]発射;噴出、流れ;一陣(の風);(駿馬を)出発させること;競争;放たれた獣群;大軍;創造;創造物(神的存在、神)生得の性質、気質;決心、目的、意志;節、篇
yānti【三人称・複数・パラスマイパダ・現在 √yā】[彼らは〜、それらは〜]動く、いく、歩く、赴く;前進する、行進する;従う
paraṁtapa【男性・単数・呼格 paraṁtapa】[〜よ]敵を悩ます者。アルジュナのこと。

इच्छाद्वेषसमुत्थेन द्वन्द्वमोहेन भारत ।
सर्वभूतानि संमोहं सर्गे यान्ति परंतप ॥२७॥

icchādveṣasamutthena dvandvamohena bhārata |
sarvabhūtāni saṁmohaṁ sarge yānti paraṁtapa ||27||
好悪から生じる相対の迷妄によって、
万物は創造のなかで迷妄に陥る。