バガヴァッド・ギーター第8章第13節

インド古典中もっとも有名なバガヴァッド・ギーターの原典講読です。
インドの霊的文化の支柱となる本書を、サンスクリット語の学習をしながらお楽しみください。

ओम् इत्य् एकाक्षरं ब्रह्म
om ity ekākṣaraṁ brahma
オーム イティ エーカークシャラン ブラフマ
「オーム」という一音のブラフマンを

om【間投詞】(聖字)om[祈念または祈祷文の開始の際・ヴェーダ読誦の前後において、あるいは敬虔な挨拶として用いられる。多くの神秘的解釈あり]
iti【副詞】〜と、〜ということ、以上(しばしば引用句の後に置かれる)
ekākṣaram【中性・単数・対格 ekākṣara】唯一の不滅なる者;一音;単独節語;神聖なる音Om 【形容詞】一音節の
brahma【中性・単数・対格 brahman】[〜に、〜を]聖智に満ちた者、婆羅門;祭官とくにヴェーダ祭式を総監する祭官;ブラフマンを神格化した最高神、梵天、宇宙の創造者として保持者ヴィシュヌおよび破壊神シヴァとともにトリムルティを形成する神格;理性

व्याहरन् माम् अनुस्मरन् ।
vyāharan mām anusmaran |
ヴィヤーハラン マーム アヌスマラン
唱え、私を憶念し

vyāharan【男性・単数・主格・現在分詞 vi-ā√hṛ】[〜している](持ち出す)、発音する、発言する、話す、(子供が)語り始める、(対格)に言う、会話・会談する
mām【単数・対格、一人称代名詞 mad】[〜を、〜に]私
anusmaran【男性・単数・主格・現在分詞 anu√smṛ】[〜している]記憶する、(対格)を思い出す;(罪を)告白する

यः प्रयाति त्यजन् देहं
yaḥ prayāti tyajan dehaṁ
ヤハ プラヤーティ ティヤジャン デーハン
肉体を捨て、寂滅する者は

yas【男性・単数・主格、関係代名詞 yad】[〜は、〜が]〜であるもの、〜である人
prayāti【三人称・単数・パラスマイパダ・現在 pra√yā】[彼は〜、それは〜]出て行く;出発する;〜に行く・赴く;(対格)に向かって進む;(対格)に(道が)通ずる、(対格)に向かって(河が)流れる;(対格)に到着する;行く、歩む;離れる、消える;飛散する、散る;離れる=死ぬ;経過する;陥る、経験する、得る、を招く;やってゆく、振る舞う
tyajan【男性・単数・主格・現在分詞 √tyaj】[〜している]罷る、見捨てる;棄てる;手放す;遺棄する;(場所より)去る;(人を)避ける;放置する、放つ;断念する、離れる、捨てる、護る
deham【男性/中性・単数・対格 deha】[〜に、〜を]身体;塊;形;型;大きさ、かさ(嵩);人、個人;形または姿を持つもの

स याति परमां गतिम् ॥
sa yāti paramāṁ gatim ||
サ ヤーティ パラマーン ガティム
彼は最高の帰趨(解脱)に達する

sas【男性・単数・主格、指示代名詞 tad】[〜は、〜が]これ、あれ、彼
yāti【三人称・単数・パラスマイパダ・現在 √yā】[彼は〜、それは〜]動く、行く、歩く、赴く;前進する、行進する、敵に向かって前進する;旅行する;出立する、去る、立ち去る、離れる;遠ざかる;逃げる、逃れる;(道が)通ずる;通過する、過ぎ去る;消滅する、消失する;生起する、継起する;振舞う;〜に達する;邂逅する;〜に到着する
paramām【女性・単数・対格 parama】最も遠い、最も遠隔の、最も極端な、最後の;最高の、主な、第一位の;至高の、超越した;最も優秀な、最善の、最大の;最悪の;〜より良い、〜より大きな、〜より悪い
gatim【女性・単数・対格 gati】[〜に、〜を]行くこと、歩態、前進、動作、行動、飛行;退去、出発;行進、進行;成功;〜の獲得;〜に対する服従;路、進路、小径;出口;根源、根底;手段、方法、可能性;策略;避難所;状態、状況、条件、位置;性質;幸福;輪廻、人間の運命;風習

ओमित्येकाक्षरं ब्रह्म व्याहरन्मामनुस्मरन् ।
यः प्रयाति त्यजन्देहं स याति परमां गतिम् ॥१३॥

omityekākṣaraṁ brahma vyāharanmāmanusmaran |
yaḥ prayāti tyajandehaṁ sa yāti paramāṁ gatim ||13||
一音のブラフマンである「オーム」を唱えながら、私を憶念し、
肉体を捨て寂滅する者は、最高の帰趨(解脱)に達する。