バガヴァッド・ギーター第9章第23節

インド古典中もっとも有名なバガヴァッド・ギーターのサンスクリット原典講読です。
インドの霊的文化の支柱となる本書を、サンスクリット語の学習をしながらお楽しみください。

ये ऽपि अन्यदेवताभक्ता
ye ‘pi anyadevatābhaktā
イェー ピ アニヤデーヴァターバクター
他の神格を礼拝する人々

ye【男性・複数・主格、関係代名詞 yad】[〜らは、〜らが]〜であるところの、〜であるもの、〜である人
api【不変化辞】さらに、また、同様に;されど、なお
anya-:他の、別の、異なる;〜以外の
devatās【女性 devatā】神性、神力;神格者;神像(聖像)
bhaktās【男性・複数・主格 bhakta√bhajの過去受動分詞)】[〜らは、〜らが]分配された;割り当てられた;〜に心服した、〜を崇める、〜を崇拝する 【名詞】信者、礼拝者、帰依者
→anyadevatābhaktās【男性・複数・主格、限定複合語 anya-devatā-bhaktā】[〜らは、〜らが]他の神格を礼拝する

यजन्ते श्रद्धयान्विताः ।
yajante śraddhayānvitāḥ |
ヤジャンテー シュラッダヤーンヴィターハ
信仰をもって祭祀を行う(人々)

yajante【三人称・複数・アートマネーパダ・現在 √yaj】[彼らは〜、それらは〜]崇拝する、祭る;祭式を行う
śraddhayā【女性・単数・具格 śraddhā】[〜によって、〜をもって]〜に対する信用・信頼・信仰・信念;忠実、真摯;〜に対する欲望・願望;好奇心
anvitās【男性・複数・主格 anvita】(―゜)[合成語の終わり]に伴った、〜を所有する

ते ऽपि माम् एव कौन्तेय
te ‘pi mām eva kaunteya
テー ピ マーム エーヴァ カウンテーヤ
彼らもまた、実に私を、アルジュナよ

te【男性・複数・主格、指示代名詞 tad】[〜らは、〜らが]それ、あれ、彼
api【不変化辞】さらに、また、同様に;されど、なお
mām【単数・対格、一人称代名詞 mad】[〜を、〜に]私
eva【副詞】実に、真に(強意を表す。しばしば虚辞として使用)
kaunteya【男性・単数・呼格 kaunteya】[〜よ]クンティーの息子、アルジュナの別名

यजन्त्य् अविधिपूर्वकम् ॥
yajanty avidhipūrvakam ||
ヤジャンティ アヴィディプールヴァカム
礼拝する、宗規に反して

yajanti【三人称・複数・パラスマイパダ・現在 √yaj】[彼らは〜、それらは〜]崇拝する、祭る;祭式を行う
avidhipūrvakam【副詞】規定に反して、不規則に

येऽप्यन्यदेवताभक्ता यजन्ते श्रद्धयान्विताः ।
तेऽपि मामेव कौन्तेय यजन्त्यविधिपूर्वकम् ॥२३॥

ye’pyanyadevatābhaktā yajante śraddhayānvitāḥ |
te’pi māmeva kaunteya yajantyavidhipūrvakam ||23||
他の神格を礼拝し、信仰をもって祭祀を行う人々、
アルジュナよ、宗規に適わないが、彼らもまた、実に私を礼拝する。