バガヴァッド・ギーター第9章第29節

インド古典中もっとも有名なバガヴァッド・ギーターのサンスクリット原典講読です。
インドの霊的文化の支柱となる本書を、サンスクリット語の学習をしながらお楽しみください。

समो ऽहं सर्वभूतेषु
samo ‘haṁ sarvabhūteṣu
サモー ハン サルヴァブーテーシュ
私は万物において平等である

samas【男性・単数・主格 sama】平らな、滑らかな、水平の、並行した;類似の・似た・等しい・同等の・同じ・同一の;不変の;偶数の;正常な;普通の、中等の;無関心の、中立の;善良な、正しい、正直な;容易な
aham【単数・主格、一人称代名詞 mad】[〜は、〜が]私
sarvabhūteṣu【中性・複数・処格 sarvabhūta】[〜において、〜のなかで]一切の存在物、万物、一切衆生

न मे द्वेष्यो ऽस्ति न प्रियः ।
na me dveṣyo ‘sti na priyaḥ |
ナ メー ドヴェースヨー スティ ナ プリヤハ
私に、憎むべき者、愛しい者は存在しない

na【否定辞】〜でない
me【単数・為格、一人称代名詞 mad(mahyamの附帯形)】[〜に、〜のために]私
【男性・単数・主格 dveṣya】[〜は、〜が]敵 【形容詞】憎むべき、忌まわしい
asti【三人称・単数・パラスマイパダ・現在 √as】[彼は〜、それは〜]ある、存在する、実在する
na【否定辞】〜でない
priyas【男性・単数・主格 priya】〜に親しい、〜に愛された;寵愛を受ける、慈しまれた;喜ばしい、愉快な;高価な;〜を好む、〜に傾いた・執着した 【中性名詞】好意、親愛、親切、愛、楽しみ、喜び

ये भजन्ति तु मां भक्त्या
ye bhajanti tu māṁ bhaktyā
イェー バジャンティ トゥ マーン バクティヤー
しかし、信愛をもって私を愛する人々は

ye【男性・複数・主格、関係代名詞 yad】[〜らは、〜らが]〜であるところの、〜であるもの、〜である人
bhajanti【三人称・複数・パラスマイパダ・現在 √bhaj】[彼らは〜、それらは〜]分配する、分かつ;実行する、従う、守る;好意を示す;愛する;尊敬する、崇め尊ぶ、崇拝する
tu【接続詞】しかし、一方(虚辞としても使用)
mām【単数・対格、一人称代名詞 mad】[〜を、〜に]私
bhaktyā【女性・単数・具格 bhakti】[〜によって、〜をもって]分割、分配;(あるものの)一部であること、(あるものに)属すること;付属物;分け前、部分;分界、線、条;順序、連続;愛着、献身、服従、尊敬、尊重、崇拝、帰依、誠信、信仰

मयि ते तेषु चाप्य् अहम् ॥
mayi te teṣu cāpy aham ||
マイ テー テーシュ チャーピ アハム
彼らは私の中にあり、私もまた彼らの中にある

mayi【単数・処格、一人称代名詞 mad】[〜において、〜のなかで]私
te【男性・複数・主格、指示代名詞 tad】[〜らは、〜らが]それ、あれ、彼
teṣu【中性・複数・処格、指示代名詞 tad】[〜らにおいて、〜らのなかで]それ、あれ、彼
ca【接続詞】そして、また、〜と
api【不変化辞】さらに、また、同様に;されど、なお
aham【単数・主格、一人称代名詞 mad】[〜は、〜が]私

समोऽहं सर्वभूतेषु न मे द्वेष्योऽस्ति न प्रियः ।
ये भजन्ति तु मां भक्त्या मयि ते तेषु चाप्य् अहम् ॥२९॥

samo’haṁ sarvabhūteṣu na me dveṣyo’sti na priyaḥ |
ye bhajanti tu māṁ bhaktyā mayi te teṣu cāpy aham ||29||
私は万物に対して平等である。私には、憎むべき者も、愛しい者もいない。
しかし、信愛を込めて私を愛する人々は、私の中にあり、私もまた彼らの中にある。