バガヴァッド・ギーター第10章第1節

インド古典中もっとも有名なバガヴァッド・ギーターのサンスクリット原典講読です。
インドの霊的文化の支柱となる本書を、サンスクリット語の学習をしながらお楽しみください。

श्रीभगवान् उवाच ।
śrībhagavān uvāca |
シュリーバガヴァーン ウヴァーチャ
クリシュナは語った

śrībhagavān【男性・単数・主格 śrībhagavat】栄光ある方、神聖な神、威厳ある尊者。ここではクリシュナのことを指す。
uvāca【三人称・単数・パラスマイパダ・完了 √vac】[彼は〜した]言う、語る

भूय एव महाबाहो
bhūya eva mahābāho
ブーヤ エーヴァ マハーバーホー
さらに、アルジュナよ

bhūyas【副詞】一層多く;もっとも多く;大いに、非常に、はなはだ;その上に;なおまた、さらに、そのほかに、なお一層;再び、新たに
eva【副詞】実に、真に(強意を表す。しばしば虚辞として使用)
mahābāho【男性・単数・呼格 mahābāhu】[〜よ]強大な腕力を持つ(者)、長い腕を持つ(者)、強い臂を持つ(者)。ここではアルジュナのこと。

शृणु मे परमं वचः ।
śṛṇu me paramaṁ vacaḥ |
シュリヌ メー パラマン ヴァチャハ
私の最高の言葉を聞け

śṛṇu【二人称・単数・パラスマイパダ・命令 √śru】[あなたは〜せよ]聞く、聴く、耳にする、傾聴する
me【単数・属格、一人称代名詞 mad(mamaの附帯形)】[〜の、〜にとって]私
paramam【中性・単数・対格 parama】最も遠い、最も遠隔の、最も極端な、最後の;最高の、主な、第一位の;至高の、超越した;最も優秀な、最善の、最大の;最悪の;〜より良い、〜より大きな、〜より悪い
vacas【中性・単数・対格 vacas】[〜に、〜を]言葉、語;指図;命令;忠告;言語;(文法上の)数;(鳥の)さえずり

यत् ते ऽहं प्रीयमाणाय
yat te ‘haṁ prīyamāṇāya
ヤット テー ハン プリーヤマーナーヤ
私は、喜ぶあなたに

yat【中性・単数・対格、関係代名詞 yad】[〜に、〜を]〜であるもの、〜である人
te【単数・為格、二人称代名詞 tvad(tubhyamの附帯形)】[〜に、〜のために]あなた
aham【単数・主格、一人称代名詞 mad】[〜は、〜が]私
prīyamāṇāya【男性・単数・為格 √prīの現在分詞】[〜している]喜ぶ、うれしがる;満足する;愛する

वक्ष्यामि हितकाम्यया ॥
vakṣyāmi hitakāmyayā ||
ヴァクシャーミ ヒタカーミヤヤー
あなたの幸せを願って、私は語ろう

vakṣyāmi【一人称・単数・パラスマイパダ・未来 √vac】[私は〜だろう]言う・話す・告げる・知らせる・記述する;名付ける、呼ぶ;叱る
hitakāmyayā【女性・単数・具格 hitakāmyā】[〜によって、〜をもって](ある人:属格)を益しようとする欲望

श्रीभगवानुवाच ।
भूय एव महाबाहो शृणु मे परमं वचः ।
यत् तेऽहं प्रीयमाणाय वक्ष्यामि हितकाम्यया ॥१॥

śrībhagavānuvāca |
bhūya eva mahābāho śṛṇu me paramaṁ vacaḥ |
yat te’haṁ prīyamāṇāya vakṣyāmi hitakāmyayā ||1||
クリシュナは語りました。
アルジュナよ、さらに私の最高の言葉を聞きなさい。
喜ぶあなたに、私はあなたの幸せを願って語ろう。