バガヴァッド・ギーター第10章第4節

インド古典中もっとも有名なバガヴァッド・ギーターのサンスクリット原典講読です。
インドの霊的文化の支柱となる本書を、サンスクリット語の学習をしながらお楽しみください。

बुद्धिर् ज्ञानम् असंमोहः
buddhir jñānam asaṁmohaḥ
ブッディル ジュニャーナム アサンモーハハ
知性、知識、迷いのないこと

buddhis【女性・単数・主格 buddhi】[〜は、〜が]知能、理解力、理性、知性、精神;識別、判断;沈着、機知;知覚;会得;意見、見解;信仰、確信;想定
jñānam【中性・単数・主格 jñāna】[〜は、〜が]知ること;知識;真の知識、優れた知識;知恵;企図;仮定;意識;感覚器官
asaṁmohas【男性・単数・主格 asaṁmoha】[〜は、〜が]意識の明瞭な、冷静な、思慮深い

क्षमा सत्यं दमः शमः ।
kṣamā satyaṁ damaḥ śamaḥ |
クシャマー サッティヤン ダマハ シャマハ
忍耐、真実、自制、寂静

kṣamā【女性・単数・主格 kṣamā】[〜は、〜が]忍耐、寛容;(処格)に対する寛大;柔順;大地
satyam【中性・単数・主格 satya】[〜は、〜が]現実、真実;誠実、真実を語ること;約束、誓い、言質;4ユガ中の最初の(黄金)時代;七界中最高界の名
damas【男性・単数・主格 dama】[〜は、〜が]自制、意志強固;刑罰、罰金
śamas【男性・単数・主格 śama】[〜は、〜が](心の)平静・静穏、沈着、寂静;〜との平和;冷淡;鎮静、平穏、鎮定、緩和、休止、消滅

सुखं दुःखं भवो ऽभावो
sukhaṁ duḥkhaṁ bhavo ‘bhāvo
スカン ドゥフカン バヴォー バーヴォー
苦楽、発生、消滅

sukham【中性・単数・主格 sukha】[〜は、〜が]安楽、歓喜、幸福、享楽、繁栄、成功
duḥkham【中性・単数・主格 duḥkha】[〜は、〜が]不安、心配、苦痛、悲しみ、悲哀、困難、苦しみ
bhavas【男性・単数・主格 bhava】[〜は、〜が]誕生、生起;起源、本源;存在、生;現世の存在;世界;安寧、繁栄;[ある神の名、ルドラ神の随伴者];[シヴァ神の称];[諸人の名];(―゜)となること、〜に変わること
abhāvas【男性・単数・主格 abhāva】[〜は、〜が]非存在;欠如、欠乏;滅;死

भयं चाभयम् एव च ॥
bhayaṁ cābhayam eva ca ||
バヤン チャーバヤム エーヴァ チャ
恐怖、そして無畏

bhayam【中性・単数・主格 bhaya】[〜は、〜が]恐れ、驚き、恐怖、心配、不安
ca【接続詞】そして、また、〜と
abhayam【中性・単数・主格 abhaya】[〜は、〜が]無畏、安全
eva【副詞】実に、真に(強意を表す。しばしば虚辞として使用)
ca【接続詞】そして、また、〜と

बुद्धिर्ज्ञानमसंमोहः क्षमा सत्यं दमः शमः ।
सुखं दुःखं भवोऽभावो भयं चाभयमेव च ॥४॥

buddhirjñānamasaṁmohaḥ kṣamā satyaṁ damaḥ śamaḥ |
sukhaṁ duḥkhaṁ bhavo’bhāvo bhayaṁ cābhayameva ca ||4||
知性、知識、迷いのないこと、忍耐、真実、自制、寂静、
苦楽、発生、消滅、恐怖、そして無畏、