スクワットのススメ

スクワットという鍛錬法があります。以前は格闘技関係者やスポーツ関係者以外には、あまり知られていませんでしたが、高齢の女優さんなどが実践していたことなどから、ここ20年ほどで良く知られるようになりました。
スクワットは、ヨーガのアーサナ(ポーズ)のひとつであることをご存知でしょうか?元々日本のプロレスラーが実践していたころ「ヒンズー・スクワット」と呼ばれていました。
そう、ヒンドゥー(インドの文化)から取り入れたものであると、いうことが一目瞭然の名前だったのです。
スクワットは、しゃがんで立つ、という単純な動作の繰り返しになります。格闘家などは毎日1000回〜3000回ほど実践しますが、私たち、普通の人間がやる場合は、10回を2〜3セットで十分でしょう。普段運動しておられない方や、中高年の方は、膝が少し曲がるくらいの屈伸でも効果があります。
また、アーサナとしてやる場合は、両腕を胸の前でクロスさせ、両方の耳たぶをつまみながら(ガネーシャ・アーサナの体勢で)やるといいでしょう。
この体勢をとると、上半身に力が入らなくなり、純粋に下半身だけの運動になります。
スクワットは、クシティ(インド式レスリング)の鍛錬者が実践していることでもしられますが、日本の相撲の四股のように、大地のエネルギーを体内に取り入れる効果があります。
大地のエネルギー、すなわち地の気を取り入れることは、健康上にとても有益です。
また、大きな筋肉(大臀筋や大腿四頭筋など)を使うため、基礎代謝の大きな体になります。つまり痩せやすい体になるのです。
現代人にとっては、特に有益だろうと感じます。
このインドの生んだ、簡単で効果的な体操を実践してみませんか。
(文章:ガネーシャ・ギリ)
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥
「ガネーシャ・ギリ氏共著 『インド占星術と運命改善法』」
http://sitarama.jp/?pid=86384490
「ガネーシャ・ギリによるインド占星術鑑定」
http://sitarama.jp/?pid=27375902
「ガネーシャ・ギリによるヨーガクラス」
http://sitarama.jp/?pid=30583238
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です