バガヴァッド・ギーター第10章第22節

バガヴァッド・ギーター

インド古典中もっとも有名なバガヴァッド・ギーターのサンスクリット原典講読です。
インドの霊的文化の支柱となる本書を、サンスクリット語の学習をしながらお楽しみください。

वेदानां सामवेदो ऽस्मि
vedānāṁ sāmavedo ‘smi
ヴェーダーナーン サーマヴェードー スミ
私はヴェーダにおけるサーマ・ヴェーダである

vedānām【男性・複数・属格 veda】[~らの、~らにとって]知識、祭祀の知識;ヴェーダ、神聖な知識;知覚
sāmavedas【男性・単数・主格 sāmaveda】[~は、~が]詠唱のためのヴェーダ
asmi【一人称・単数・パラスマイパダ・現在 √as】[私は~]ある、存在する、実在する

देवानाम् अस्मि वासवः ।
devānām asmi vāsavaḥ |
デーヴァーナーム アスミ ヴァーサヴァハ
私は神々におけるインドラである

devānām【男性・複数・属格 deva】[~らの、~らにとって]天上の者、神格者、神、神聖な者;祭官、婆羅門;王、王侯;長
asmi【一人称・単数・パラスマイパダ・現在 √as】[私は~]ある、存在する、実在する
vāsavas【男性・単数・主格 vāsava】[~は、~が]ヴァス神群の長、インドラ 【形容詞】ヴァス神群に関する、ヴァス神群から出た(等)

इन्द्रियाणां मनश्चास्मि
indriyāṇāṁ manaścāsmi
インドリヤーナーン マナシュチャースミ
また私は諸感官における意(マナス)である

indriyāṇām【中性・複数・属格 indriya】[~らの、~らにとって]神の力;支配;偉大な行為;活力;体力;精力;感官;感覚
manas【中性・単数・主格 manas】[~は、~が]心、内的器官、知性、理性、精神、良心、思考、意向、気分
ca【接続詞】そして、また、~と
asmi【一人称・単数・パラスマイパダ・現在 √as】[私は~]ある、存在する、実在する

भूतानाम् अस्मि चेतना ॥
bhūtānām asmi cetanā ||
ブーターナーム アスミ チェータナー
私は生類における知力である

bhūtānām【中性・複数・属格 bhūta】[~らの、~らにとって]存在物[神・人・動物および植物を含む];被創造物;万物;世界
asmi【一人称・単数・パラスマイパダ・現在 √as】[私は~]ある、存在する、実在する
cetanā【女性・単数・主格 cetanā】[~は、~が]自覚、知能、精神

वेदानां सामवेदोऽस्मि देवानामस्मि वासवः ।
इन्द्रियाणां मनश्चास्मि भूतानामस्मि चेतना ॥२२॥
vedānāṁ sāmavedo’smi devānāmasmi vāsavaḥ |
indriyāṇāṁ manaścāsmi bhūtānāmasmi cetanā ||22||
私はヴェーダにおけるサーマ・ヴェーダ、神々におけるインドラ、
そして諸感官における意(マナス)、生類における知力である。