カレーのお話

meals served on banana leaf, traditional south indian cuisine

暑い日が続きますが、そういう時は同時に暑い国の食べ物がおいしい季節でもあります。
「インドのような暑さ」が日本を席巻するここ数年の夏は、インド料理にぴったりな季節でもあります。ご存知のようにインドのはヴェジタリアンが多いのですが
夏の野菜は、体の熱を取るものが多く、熱い季節にはヴェジタリアン料理は特にお勧めでもあります。
近年は日本にも本格的なインド料理店が多く出店するようになりました。今まで日本ではマイナーだった南インド料理の名店も、いくつか出てきています。
インドが好きな方々にとっては、至福とも言える状況でしょう。
個人的な話で恐縮ですが、私もインド料理が大好きです。
ですから、東京近郊や、出張でお邪魔する地域の美味しいインド料理屋にもよく行きます。
そういうこともあり、今まで食べたカレー(インド料理)の中で一番美味しかったのはどこのカレーですか?と聞かれることがあるのですが、
個人的には、一番美味しかったカレーは、日本のインド料理屋でもインドの超一流店でもありません。
一番美味しいと感じたのは、90年代に南インドの街道の旅で途中立ち寄った小さな街の食堂のカレーでした。
長距離トラックの運転手が大勢食事をしているその店は、お世辞にもきれいとはいえませんでした。
しかし、バケツからよそってくれる茄子のカレーとチャパティ(全粒粉のナンのようなもの)が絶品でした。とても懐かしい思い出です。

いわゆるカレーに使われるスパイスは、身体の健康維持、増進は元より、脳にもよい影響を与えると考えられています。
そしてインドではそれは料理だけでなく、飲み物に入れたり、薬としても使われます。
インド人が人間の本質や神についてこれだけ深い洞察を得ることができたのは、やはり傑出した脳力!があったからだと考えられます。
インド的な意味において、霊的な進化とスパイスがには深い関係がある、そう思います。

(文章:ガネーシャ・ギリ)

‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥
「ガネーシャ・ギリ氏共著 『インド占星術と運命改善法』」
http://sitarama.jp/?pid=86384490

「ガネーシャ・ギリによるインド占星術鑑定」
http://sitarama.jp/?pid=27375902

「ガネーシャ・ギリによるヨーガクラス」
http://sitarama.jp/?pid=30583238
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥