ルドラークシャ(金剛菩提樹)の恵み

ルドラークシャ(ルドラクシャ)は、日本では金剛菩提樹として知られる植物です。ヒンドゥー教では、シヴァ神が長い瞑想から目覚めたときに、地上のすべての神々と人類の繁栄のために、彼の目から流れおちた涙によって生じたという神話があります。シヴァ神の絵画は、必ずといってよいほど、ルドラークシャの数珠を身につけた姿で描かれています。シヴァ派の敬虔な信者は、ルドラークシャを肌身離さず身につけています。

高さ10m以上になる木に実をつけるルドラークシャの果実

ルドラークシャは、通常は紐を通して数珠として使用されます。数珠は、マントラ(真言)を唱える際に用いられ、タントラのエッセンスを集めた『タントラサーラ』では、ルドラークシャの数珠による功徳を以下のように述べています。

『ジャパ(念仏)を行うにあたり、親指の先をもちいて数を数える方法は、通常の数を数える方法に比べて8倍の功徳がある。プトラジーヴァ(ツゲモドキ属の植物)と呼ばれる神聖な木の種子でできた数珠をもちいると、通常の10倍の功徳がある。法螺貝からつくられた数珠をもちいると、通常の100倍の功徳がある。光り輝く石からつくられた数珠をもちいると、通常の1,000倍の功徳がある。宝石でできた数珠をもちると、通常の10,000倍の功徳がある。水晶の数珠もまた同様の功徳があるが、真珠でできた数珠は、通常の10万倍の功徳がある。そして、蓮からできた数珠は、前述の数珠のさらに10倍の功徳がある。金でできた数珠は、100万倍の功徳がある。それらすべての中でもさらに、クシャソウのの結び目、トゥラシー(ホーリーバジル)の数珠、そして神聖なルドラークシャからできた数珠は、無限大の功徳をもたらす。』

ルドラークシャの功徳についての記述は、『シュリーマド・デーヴィー・バーガヴァタム』、『シヴァ・プラーナ』、『ルドラークシャ・ジャーバーラ・ウパニシャッド』の聖典において詳しく述べられています。シヴァ神自身は、『シュリーマド・デーヴィー・バーガヴァタム』の中で、ルドラークシャの功徳について、次のように述べています。

『ルドラークシャを所有することの功徳は、三界によく知れ渡っている。プンニャ(偉大な功徳)は、ルドラークシャを一瞥するだけで生じる。それに触れることで、一千万倍の功徳が生じる。それを身に着けることで、十億倍の功徳が生じる。そして、それを用いて毎日ジャパを行うことで、十億倍のさらに一千万倍の功徳が生じる。これに関しては、疑問の余地がない。』

ルドラークシャの実には、表面に溝が入っており、その溝の数によって、神格、占星術上の惑星、功徳が対応づけられています。「ネパール・インドの聖なる植物」(T.C.マジュプリア著)[1]におけるルドラークシャの解説では、溝の数によって、次のような神格が対応づけられています。

オリーブに似たルドラークシャの実は、薬としても用いられる

1本 パラブラフマー(最高神ブラフマー)
2本 シヴァ・シャクティー(シヴァとのその神妃シャクティー)
3本 ブラフマー・ヴィシュヌ・マヘーシュ(ブラフマー、ヴィシュヌ、シヴァの主要三神)
4本 チャトゥラーナナ(四つの顔をもつ者の意味でブラフマーの異名の一つ)
5本 パンチャムキー(シヴァの妻)
6本 シヴァプトラ・スカンダ(シヴァの息子スカンダ軍神)
7本 サプタマートリカー(七母神)、サプタルシ(七聖仙)
8本 八体のシヴァ神像
9本 ナヴァ・ドゥルガー(ドゥルガー女神の九つの姿)
10本 ダシャ・アヴァターラ(ヴィシュヌ神の10化身)
11本 エーカーダシャ・ルドラ(男性と女性の姿をあわせもつルドラ神の男性としての11分身)
12本 太陽神、ジョーティーシュ・ヴァクラ(光るシヴァ神)
13本 ヴィシュヴァデーヴァ(すべての神々)
14本 第四のインドラ神、ブヴァネーシュヴァラ(世界の主)
15本以上 ルドラ神

その中で、もっとも貴重なものは1本の溝をもつルドラークシャであり、「それをもつ者は、この世の富を見守っている吉祥の女神ラクシュミーの、この上ない祝福をうけるという幸運にあやかるようになり、すべての快楽を迎えうけ、それを享受することになる」[1]と言われています。

外皮を処理した後のルドラークシャ。実には溝の数に応じた種子が含まれる

ルドラークシャには、その果肉や種子に薬効があると考えられ、インドやネパールでは民間療法として古くから活用されてきました。アーユルヴェーダでは、ヴァータ(風)、ピッタ(火)の性質を中和し、咳を和らげるといわれます。また種子を粉末にしたパウダーも、塗り薬や飲み薬として活用されています。

敬虔な信者たちに、古くから祈りの対象として、また薬として活用されてきたルドラークシャには、ヒンドゥー教のエッセンスと叡知が込められています。

参考文献
[1] T.C.マジュプリア著・西岡直樹訳、「ネパール・インドの聖なる植物」(八坂書房、1989)

※この原稿は、「ハムサの会 会誌No.54 2015年秋号」に掲載されました。