修行レベルは立ち振る舞いにあらわれる

lotus flower

素晴らしい師匠やグル(グールー)との邂逅は、人生を一変させる力を持ちます。本物のグルを求める方も多いでしょう。しかしながら残念なことに、レベルが低い自称グルが多いのも世の常識でもあります。
本当のグルにふさわしい方は、は全くの無私の人であり、神のような人です。たとえインドにいてもこういう方を見つけるのは難しいです。
しかしながら「良師」という意味でのグルなら日本にいても探すのは難しくないでしょう。
よいグルを見分けるのに、役に立つ基準のひとつは、喜捨(料金)の額です。昔日のヒマラヤで生活しているならともかく、現代文明の中で生活している限りはグルでも、お金が必要でしょう。ですから、何かを学ばせていただいたお礼に喜捨をする(料金を払う)のは間違っていません。
しかし、その額が、グルの聖者度!?の目安になります。
(もちろん、きちんとした内容を伝えられることが前提条件ですが、)一般的にざっくりした基準でいえば、料金の高さと聖者度は反比例すると言っていいでしょう。例えば1回3万円授業料をとるグルよりは、3000円の授業料のグルの方が、よりよいグルである可能性は高くなるということです(あくまで可能性の問題ですが)。
しかしながら、値段は伝授する内容にもよりますので、値段が高いから絶対に「聖者度の低いグル」であるとも言えないのが難しいところです。

ですが、確実に言えるのは、何かの霊的な技術などに対して日本の物価水準から考えて一般的ではない喜捨料が必要な場合は、絶対に注意する必要があるでしょう。
例えば、1回の何かの技法伝授などに100万円を超えるような料金がかかるような場合は、かなりきちんと事前に精査する必要があると思います。

もうひとつグルの聖者度をはかる基準があります。
精神的に非常に高い境地におられるのに、立ち振る舞いがめちゃくちゃということはありません。その方の立ち振る舞いを拝見しチェックするのは良いことでしょう。
本物の聖者なら所作は(本質的な意味で!!!)大変美しいはずです。
なぜなら、彼もしくは彼女(グル)は宇宙の法則と一体になっている、もしくはそれに近いところにいるのでしょうから。

(文章:ガネーシャ・ギリ)

‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥
ガネーシャ・ギリ氏共著 『インド占星術と運命改善法』

ガネーシャ・ギリによるインド占星術鑑定

ガネーシャ・ギリによるヨーガクラス
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥