スタッフ日記:楽しい断食

2015年12月7日はエーカーダシです。ヴィシュヌ神に捧げられる日として知られるこのエーカーダシにおいては、断食の行いが広く勧められます。

また、本日のエーカーダシは、ウトゥパンナ・エーカーダシと言われ、エーカーダシを始めるに最もふさわしい日であると言われています。エーカーダシの習慣を身につけようと試みている人、またエーカーダシを行ってみたいと感じている人々に、成功をもたらすと言われます。(エーカーダシについて詳細はエーカーダシの吉日

インドではエーカーダシだけでなく、シヴァさまに捧げる月曜日の断食、ハヌマーンさまに捧げる火曜日の断食などなど、それぞれの信仰に基づいて、さまざまに断食が行われます。神々に繋がる中で、もっとも大きな障壁となるのが感覚。断食はとっても明確な感覚の制御の一つです。

そんな断食の中で、特に多くの人々が実践するのがナヴァラートリ(春と秋に訪れる女神を讃える9日間の祝祭)です。ナヴァラートリ中は、多くのレストランがナヴァラートリ・ターリー(定食)を提供するほど。

IMG_3243

ナヴァラートリー・ターリー。

私の大好物でもあるクットゥのプーリー(蕎麦粉を捏ねて丸めて揚げたもの)がターリーのメイン。その他、サーブーダーナー(タピオカ)のおせんべいや、ヨーグルトのサラダ、じゃがいものチャート(軽食)など、全て、玉ねぎ・にんにくを使わないお料理です。本当に美味しくて、毎日でも食べたいほど。

これらは、身体を浄化する食べ物として知られていて、ナヴァラートリ期間中やエーカーダシの際に好んで食されます。断食と言うよりも、食の節制ですね。

エーカーダシはおよそ2週間に一度訪れます。2週間に一度でも、食の節制をすることで、心身がとてもすっきり軽くなります。あまりにも心身が軽くなるので、今では楽しみの一つになりました。

(スタッフ:ひるま)