サンスクリット語 i、īで終わる女性名詞

Maa Durga. Biggest festival in India. Durga puja. This is at kolkata. West Bengal, India.

今回は、i、īで終わる女性名詞の格変化を紹介します。

前回は、iで終わる男性名詞、中性名詞を挙げましたが、
女性名詞になると少し異なった語尾をもちます。

まずは、iで終わる女性名詞です。
कीर्ति- kīirti- 栄光
बुद्धि- buddhi- 知恵、知性
भूमि- bhūmi- 大地
मति- mati- 思考、考え
श्रुति- śruti- 天啓書(ヴェーダ聖典)
स्मृति- smṛti- 伝承書(法典や叙事詩など)
*バガヴァッドギーターは第5のヴェーダとも言われますが、本来はस्मृति- smṛtiです。

次に格変化を表で見てみましょう。

kīrti- (女性名詞、栄光)
  単数 両数 複数
主格  kīrtiḥ  kīrtī  kīrtayaḥ
対格  kīrtim  kīrtī  kīrtīḥ
具格  kīrtyā  kīrtibhyām  kīrtibhiḥ
為格  kīrtaye  kīrtibhyām  kīrtibhyaḥ
奪格  kīrteḥ  kīrtibhyām  kīrtibhyaḥ
属格  kīrteḥ  kīrtyoḥ  kīrtīnām
処格  kīrtau  kīrtyoḥ  kīrtiṣu
呼格  kīrte  kīrtī  kīrtayaḥ

iで終わる男性名詞と比べてみると、
単数の具格、複数の対格の語尾が異なっています。
その他は同じです。

次に、īで終わる女性名詞です。

īで終わる女性名詞には女神の名前になっている単語が多いので
みなさんにも馴染みのある単語が多いかもしれません。

पार्वती- pārvatī- パールヴァティー(シヴァ神の妃)
काली- kālī- カーリー(シヴァ神の妃、語源はkāla- 「黒い」)
योगिनी- yoginī- ヨーギニー、女性のヨーガ行者、魔女
*「ヨギーニ」という言葉で広まっていますが、サンスクリット語では「ヨーギニー」が正しい発音です。
लक्ष्मी- lakṣmī- ラクシュミー(ヴィシュヌ神の妃)

語尾が、iで終わる女性名詞とはだいぶ違っている部分があるため、
注意が必要になります。

kālī- (女性名詞、カーリー女神)
  単数 両数 複数
主格  kālī  kālyau  kālyaḥ
対格  kālīm  kālyau  kālīḥ
具格  kālyā  kālībhyām  kālībhiḥ
為格  kālyai  kālībhyām  kālībhyaḥ
奪格  kālyāḥ  kālībhyām  kālībhyaḥ
属格  kālyāḥ  kālyoḥ  kālīnām
処格  kālyām  kālyoḥ  kālīṣu
呼格  kāli  kālyau  kālyaḥ

たとえば、カーリー女神に祈るときは、
為格+namaḥで、

ॐ काल्यै नमः।
oṁ kālyai namaḥ.

のようになります。

i、īで終わる女性名詞を使った例文

(1)पार्वती शिवस्य सुन्दरी सती पत्नी।
pārvatī śivasya sundarī satī patnī.
「パールヴァティーはシヴァ神の美しく貞淑な妻である。」

पार्वती / pārvatī- パールヴァティー女神(女性名詞、単数、主格)
शिवस्य / śiva- シヴァ神(男性名詞、属格、単数)
सुन्दरी / sundarī- 美しい(形容詞sundara-、女性形、主格、単数)
सती / satī- 善良な(動詞√as 〔ある〕の現在能動分詞sat- 女性形、主格、単数)
पत्नी / patnī- 妻(女性名詞、主格、単数)

(2)बगलामुख्या अर्यः बुद्धि विनष्टा।
bagalāmukhyā aryaḥ buddhi vinaṣṭā.
「バガラームキー女神によって敵の知性は滅ぼされた。」

बगलामुख्या / bagalāmukhī- バガラームキー女神(女性名詞、具格、単数)
अर्यः / ari- 敵(男性名詞、属格、単数)
बुद्धि / buddhi- 知性、知恵(女性名詞、主格、単数)
विनष्टा / vinaṣṭa - (vi√naś 〔滅ぶ〕の過去受動分詞)→滅ぼされた(女性形、主格、単数)

(文章:prthivii)