神像が小さくなる

Hindu temple with a statue of Ganesh on the altar

このコラムをお読みの方の中には、入魂をした神像、ヤントラ、リンガムなどを日々礼拝されている方も多いと思います。
入魂されたこれらのアイテムは、熱心に祈れば祈るほど、神像は美しいお顔になり、他のアイテムも輝きを増すように感じられます。これは実は気のせいではないだりろうと感じます。
ところで、祈っているはずの、あるいは祈りをやめて放置してしまったこれら霊的なアイテムが、くすんだように感じることがあります。
また、極端な場合は、小さくなったようにすら感じることがあります。このように感じた時は注意をした方がいいかもしれません。

祈っていないで、小さくなったように感じる場合は、祈りを開始すれば元に戻ったように感じるでしょう。
(しかし何年も祈らないで放置するとエネルギーが完全に抜けてしまって、元に戻らない場合もあります。)
それは大きな問題ではありません。

注意しなければいけないのは、普段欠かさず礼拝しているのに小さくなったように感じるときなのです。これは明らかに発するエネルギーが減ってしまっています。
祈りを捧げる方の星回りが変わった(悪くなった)のが大抵の場合の原因だと思われますが、もしかしたら、祈りの量が圧倒的に少ない場合や、あるいは風水や家相的な問題など、環境のせいもあるかもしれません。また、ごく稀に黒魔術などの影響を受けてしまっている場合もあるかもしれません。

そのようなときに、どうすればよいか?ということですが、答えはシンプルです。今以上に熱心に祈りをささげればよいと思います。
アイテムに宿っているのは神の分霊です。正しく祈りさえささげればその力は全能のはずです。
もし小さくなった神像などに気付いたら、今よりもう少しだけ祈り(マントラの詠唱やプージャーなど)を増やしてみてはいかがでしょうか。
祈りをささげる全ての方に恩寵がありますように祈念しております!

(文章:ガネーシャ・ギリ)

‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥
ガネーシャ・ギリ氏共著 『インド占星術と運命改善法』

ガネーシャ・ギリによるインド占星術鑑定

ガネーシャ・ギリによるヨーガクラス
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥