入れ子のようなインドの神々

Hindu God Ganesh in chiangmai temple Thailand

インド占星術において、それぞれの惑星を統べる神様は、諸説あるとは言え、大体決まっています。そして、インドの方々は悪い星回りの時、直接星に祈ったり、星を統べる神様に祈ったりします。
しかし、悠久の歴史を誇るインドの神々は、それほど単純ではなかったりします。というのは、一部がまるで「入れ子構造」のようになっている場合もあるからです。

たとえば、伝統的にラーフという星はドゥルガー女神が関係しているとされていますが、ドゥルガーが化身したと言われるダス・マハーヴィディヤーの女神たちはそれぞれに違った星に影響し、ドゥルガーの化身だけで、全ての惑星のサポートが出来たりします。

また同様にヴィシュヌ神も、占星術的には水星と関係すると言われていますが、その化身はやはり9つの惑星を支配していたります。
さらには、入れ子構造とは少し違うのですが、1つの神格の化身がが9つ全部ではありませんが複数の星に対応する場合や、1つの神格で複数の星に影響を与える場合もあります。

例えば、シヴァは木星に関係しますが、太陽にも関係し、土星とも無関係ではなく、さらにその化身と言いますか、別ヴァージョンのムリティユンジャヤ神は、土星と火星両方に影響し、バイラヴァ神に化身した場合はラーフと関係するなど、もはや理解するのが大変なレベルになります。

しかし、一方でシヴァ神を通じて金星に祈りささげるようなことは、あまりないと考えられますし、その緩さと厳格さの混合が、私たちの理解をはるかに超えています。

しかし、これこそがインドのいわば曼荼羅のような文化の特徴なのかもしれません。
このような混沌を楽しめれば、インドは私たちに心を開いてくれるだろうと思います。

(文章:ガネーシャ・ギリ)

【ヨーガ行者 成瀬雅春氏とガネーシャ・ギリ氏のトークライブのお知らせ】

~成瀬雅春109(トーク)ライブvol47は 成瀬雅春&武井利恭「星とヨーガと土着の神々」~

悠久の歴史を持つインドでは、ヨーガをはじめとして占星術やアーユルヴェーダなど、現在はヴェーダの傘下に組み込まれているさまざまな叡智があります。それらは、元々は別の出自を持つものであったのかもしれませんが、現在は見事なまでに調和をして、膨大な叡智の体系になっています。今回は、占星術、ヨーガ、インド土着の神々を手掛かりにさまざまな叡智の横顔を、成瀬先生のアドヴァイスをいただきながら語りたいと思います。

開催日時:2016年4月3日(日) 午後3時30分~5時(3時開場)
入場料金:2500円(前日までの予約)/3000円(当日)
会 場 :成瀬ヨーガグループ 東京都品川区東五反田2-4-5藤ビル5階
申込み先:成瀬ヨーガグループ TEL 03-5789-4184
詳細:http://naruse-yoga.com/event/?p=938

‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥
ガネーシャ・ギリ氏共著 『インド占星術と運命改善法』

ガネーシャ・ギリによるインド占星術鑑定

ガネーシャ・ギリによるヨーガクラス
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥