スタッフ日記:バクティの聖者たち

santtukaram

2016年は、3月25日がトゥカーラーム・ビージャでした。聖者トゥカーラームが肉体を去ったと言われる日(1650年)。

そして今日3月29日は、エーカナータ・シャスティー。これは聖者エーカナータが肉体を去ったと言われる日(1599年)。

トゥカーラームもエーカナータも、宗教詩人と言われたり、学者と言われたり、聖者と言われたりしますが、どちらも、真のバクティの象徴として崇められています。特に、トゥカーラームはヴィシュヌ神の化身と言われるヴィトーバー神(ヴィッタラ神)への信愛を歌ったことで有名です。

こうした聖者たちの言葉に触れると、自分のあり方では到底及ばない、あまりにも深く美しい信愛の形を見せられます。だいぶ昔に教わった、大好きなアクバルとタンセンの話でも気付かされたこと。

思わずドキッとするほどの、こうした美しい言葉を、繰り返し繰り返し読み続けたいです。

(スタッフ:ひるま)