スタッフ日記:カーンワル・ヤートラー

シヴァ神を礼拝する重要なひと月であるシュラヴァナ月のシヴァラートリーは、今年は8月1日。シヴァ神を礼拝する月曜日に重なっています。

このシュラヴァナ月に盛んになる巡礼に、カーンワル・ヤートラーがあります。カーンワルと呼ばれる水壺のついた天秤棒を担いでガンジス川流域へ赴き、ガンジス川の聖水を水壺に入れ、故郷へと戻る巡礼です。

シュラヴァナ月のシヴァラートリーには、ガンジス川の聖水を用いたアビュシェーカが欠かせません。きっと今頃は、巡礼もピークに達しているころだと思います。

IMG_2238

カーンワルを担いで歩く巡礼者。カラフルなカーンワルがインドらしく素敵です。乗合トラックや列車で移動する巡礼者も多くいるようですが、今でも、全行程を裸足で行う巡礼者もまだ多くいると言われます。何百キロと遠く離れた町からくる巡礼者も多く、とても過酷な歩み。それでも、ガンジス河の聖水を自分の生まれた町へと持ち帰る重要な役割であり、巡礼者に選ばれることはとても名誉なことだとも言われています。

各地では巡礼者をサポートするための休憩所が設けられ、こうした行いが大切にされるインドの世界にいつも引き込まれます。このカーンワルは、決して地面につけてはならないとされているので、あちらこちらに天秤棒を下げるための柵も設けられています。

ガンジス川の聖水はSitaRamaでもご購入いただけます。

ガンガージャル
ガンガージャル(10個セット)
ガンガージャル(36個セット)

(スタッフ:ひるま)