悪い影響を受けないために

Indian art - tin mandala, prayer beards from Rudraksha, Foxtail palm seed on teak wood and black background

占星術的にみて、悪い運気の時期にはやはり不幸や困難が訪れます。
何の努力もしない状態で、迫りくるこの運命を100%排除することは、ほぼ不可能と言っていいでしょう。
しかしながら、それを軽減する方法は多数あり、折に触れてご紹介している通りです。
一部を再度ご紹介させていただくと、これを排除するためにルドラークシャやヤントラのなどを使った処方などがあり、それによって大部分の問題を取り除くことができます。

しかしながら稀に、そうした処方をしていないのに運気が良くなる場合もあります。
これは、ご本人がそれに運命改善の力があるとは認識していないだけなのですが、瞑想、ヨーガ、巡礼、などしているケースが多いです。もちろんインド以外の起源のもの(たとえば一部の気功法など)でもそうした効果を生むものがあります。

人間が遭遇する悪運を病気に例えた場合、ルドラークシャやヤントラのなどの処方は、よく効く漢方薬のようなものと捉えられ、瞑想、ヨーガ、巡礼などは、体力をつけること、と考えられるかもしれません。
優れた体力があればたいていの病気は治るように、ヨーガなどの実践によっても、悪運に打ち勝つことができるようになるのです。

ちなみに、現在のインドでは宝石処方が盛んです。それは効果が高いからですが、宝石を用いた場合は、解熱剤で熱を下げたのと同じような状態なのです。ですから、表面的には良くなっているように見えても、根本から改善されているわけではないのです。

もちろん、緊急の高熱の場合などは解熱剤は優れた効果を発揮するように、宝石にも大いに役立つことはあります。
ですから、急を要するときに宝石を使うことは吝かではないのですが、同時にヨーガなどを行うかルドラークシャなどと併用することにより、根本から改善した方がいいと思います。
いずれにしましても、悪運を排除して充実した人生を送りたいものですね。

(文章:ガネーシャ・ギリ)

‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥
ガネーシャ・ギリ同行 最上級・開運招福祈願・西インドの旅

ガネーシャ・ギリ氏共著 『インド占星術と運命改善法』

ガネーシャ・ギリによるインド占星術鑑定

ガネーシャ・ギリによるヨーガクラス
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥