ガーヤトリー・マントラの偉大な力

Gayatri

ガーヤトリー・マントラは、すべてのマントラの中で最高のマントラです。それは、唱える人に純粋な心、そして優れた精神力を授けます。インドの優れた哲学者、アーディ・シャンカラーチャリヤによると、ガーヤトリーは、不二一元論の直接的な顕現であるといいます。 ガーヤトリーへの瞑想や礼拝の深い意義を理解し、実践する探求者は、何一つ不自由することはないでしょう。偉大な聖仙たちは、この地上における聖なる滞在を通じて、ガーヤトリーへの礼拝を行いました。そして彼らは、自身が究極の解脱に到達しただけでなく、あらゆる人々にガーヤトリー礼拝の意義を広めることにより、多くの帰依者の魂を、奇跡へと導きました。ガーヤトリーへの礼拝は、霊的科学に深い根拠を持ち、物質的にも精神的にも非常に有益なものです。

アーリヤ・サマジ・スワーミー・アーナンダ氏は、彼の著書「アーナンダ・ガーヤトリー・カター」の中で、グル(師)に出会う前、彼がまるで死人のようであったと述べています。しかし、グルのもとでガーヤトリー・サーダナ(霊性修行)を実践したところ、彼の人生は奇跡的に変化し、内在の光を獲得したといいます。ガウタマ師、ドゥルヴァ師、マハートマー・アーナンダ・スワーミー師、カーティヤーヴァーデー・バーバー師、シッダ・ボーティワーレイ・バーバー師をはじめとする聖者たちは、ガーヤトリー・サーダナが、比類のない速さで霊的な成長を促すことを力説しています。ガーヤトリー礼拝に関わる奇跡的な逸話は、枚挙に暇がありません。ガーヤトリー・サーダナを、真摯な気持ちで継続するならば、物質的・精神的に豊かな、光輝に満ちた人生が待っていることでしょう。

スワーミー・アーナンダは、この地上におけるあらゆる果報は、ガーヤトリー女神の恩寵であると、ガーヤトリー女神へ帰依全託しています。 ガーヤトリー女神への帰依は、不浄で邪悪に満ちた心から、永遠なる神聖な心へと変化させます。清らかな心でガーヤトリー女神を礼拝することにより、帰依者の周囲にはガーヤトリーのオーラが形成され、不慮の事故や悲惨な状況から身を守られると信じられています。ガーヤトリー女神の帰依者は、国、信仰、身分、性別などさまざまに異なりますが、それは、ガーヤトリー女神の帰依者は、いかなる制約も受けないことを意味します。貧困、裁判、敵対、失業、家庭不和、困難、こうした問題を抱えているとき、ガーヤトリー女神への瞑想と礼拝によって、光輝に満ちた不動の精神が確立され、帰依者はすべての障害を克服するでしょう。ガーヤトリー女神への礼拝は、精神的な向上はもちろんのこと、物質的な利益をもたらすことは間違いありません。しかしそれは、ガーヤトリー女神の超越的な御力が、帰依者の穢れた心を、穢れのない神的な心へと変化させた後に起こるものです。ガーヤトリー女神の熱心な帰依者は、決して貧困に苦しむことなく、惨めな生活を送ることはないのです。

(SitaRama)