スタッフ日記:エーカーダシーとドヴァーダシー

img_3637

インドではナヴァラートリーやエーカーダシーなど、頻繁に断食を行う機会があります。断食はウパヴァーサと呼ばれ重要な行いとされますが、断食を終える時はパーラナと呼ばれ、これも重要視される時です。

月の満ち欠けの11日目にあたるエーカーダシーでは、さまざまな形で断食が行われますが、終える時は、月の満ち欠けの12日目にあたるドヴァーダシーの日の出後といわれます。そして、もっと細かい時間割があり、日の出後でも食事をとれなかったり、日の出後すぐに食事をとらなければならなかったりと、自然の暦に綿密に従います。朝食はBreakfast(Break=やめる、Fast=断食)といわれますが、エーカーダシーの断食を終えることを意味する朝食はとても重要。

次回のエーカーダシーは、バガヴァッド・ギーターの生誕祭となるギーター・ジャヤンティ(12月10日)です。SitaRamaではグループ・ホーマを計画しています。プージャーを受ける時も断食が勧められますので、機会がありましたら、プージャーとあわせてエーカーダシーの断食を通じた恩恵を感じてみてください。

第2回グループ・ホーマ(2016年12月10日(土)実施)

そしてドヴァーダシーとなる次の日(12月11日)は、アンナダーナを予定しています。エーカーダシーは食事を控える方も多いので、この日に盛大なギーター・ジャヤンティのお祝いができたらいいなと思います。この度のアンナダーナもどうぞよろしくお願いいたします。

第4回アンナダーナ(食事の施し)(2016年12月11日(日)実施)

(スタッフ:ひるま)