シャクティパット・ディークシャの可能性

iStock_000002826853_Small

今回のツアーで何度も頭をガネーシャの各寺院の入り口にぶつけたお話は前回、少し だけ書かせていただきました。
ガネーシャ寺院だけでなく、その境内にあるハヌマーン寺院などでも頭を打ち付け、 そのたびに目から火花が散りました。もちろんわざと打ち付けているわけではなく、 どんなに気を付けていても頭頂部をぶつけてしまうのです。最後には大きなコブがで きました。
過去に何度もインドの寺院を訪れていますが、こういった経験は初めてでした。
その様子をみていたツアー参加者の方(行者の家庭に生まれ育った方)から「これは ある種のシャクティパットではないですか?」と言われました。(シャクティパット とは聖者などが、主に弟子などの体に触れるなどして悟りの世界を見せるもの。エネ ルギーを注入して、クンダリニーを覚醒させたりする技法のことだと、個人的には考 えています。)
そういわれてみると、朝ホテルの鏡で自分の顔をみると、目が澄み切っていてまるで 黄色味がかったトパーズでできているようでした。参加された別の修行者の方にも 「今日の先生(私・ガネーシャギリ)の目は澄み切っていて聖者の眼をしている。」 とも言われました。(もちろん普段の私は普通の中年男性の眼をしています。)
最後のサイババ寺院でクンダリニーの覚醒らしき体験をしたことと考え合わせると、 神の恩寵によるある種のシャクティパットである可能性は否定できないかもしれません。

個人的には、(自分の力ではなく、師の恩寵により)1996年8月にブータンの寺院(タクツァン僧院)でクンダリニーの覚醒を体験しています。その時は大きなエネルギーが上がりすぎたせいか、10年ほど不思議な現象が続きました。しかしその後20年ほどクンダリニー行法に打ち込んできたのと、ガネーシャのマントラを23年ほど唱え続けてきたおかげか、今回は何ともありませんでした。

自分の能力がここまで開花したということをひけらかしたいわけではありません(実際に大した能力はないですし)。
私はどちらかと言えば愚鈍で才能に劣る人間です。
そんな私ですら、マイペースなサーダナを続ければ、(一時的にではありますが)このような素晴らしい体験ができるのだということを感じました。
才能に溢れ、まじめに修行に打ち込んでいる方であれば、一体どれだけ素晴らしい体験ができるでしょう。巡礼というものの素晴らしさを再確認しました。

(文章:ガネーシャ・ギリ)

‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥
ガネーシャ・ギリ氏共著 『インド占星術と運命改善法』

ガネーシャ・ギリによるインド占星術鑑定

ガネーシャ・ギリによるヨーガクラス
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥