スタッフ日記:第10回アンナダーナ終了しました!

第10回アンナダーナにお気持ちを寄せていただきました皆さま、本当にありがとうございます。今回はいつもの寺院にて、滞りなく無事に終えることができました。

酷暑期となり、気温は連日40度を超え、当日は44度の予報でした。食事を配る時間帯は、いつも一番暑い時間となり、食事の列に並ぶ方々にもよくないので、できれば午前中に配ることができるようにケータリングの方達と予定を立てていました。しかし、朝の準備段階から非常に暑く、動くのもいつも通りが精一杯。配り始めることができたのは、いつも通りのお昼過ぎでした。

今回は子どもたちが夏休み中のせいか、ギーの香りに誘われて、配り始める前からたくさん集まり、遊びながらまだかまだかと待ちきれない様子。こんなに暑くても元気一杯の子どもたちを見ると、それだけで元気をもらうような気持ちです。デザートのハルワーだけおかわりに来る子の姿もありました。

今回は特に、サブジー(野菜のおかず)が絶品だったようで、たくさんの方々が美味しいと声をかけてくださいました。暑いとどうしても食欲が落ちるので、集まる方々も少なめかなと予想していましたが、いつも通りの大行列となり、美味しいサブジーとデザートのハルワーも含め、予定通り1000食分以上を配り終えることができました。

午前中といえど非常に暑く、捏ねたり、揚げたり、煮たり、こんなに暑くては、ケータリングの方達も大変です。

子どもたちがたくさん!配り始める前からきちんと並んでくれています。

13時〜14時の間はとても混み合います。ちょうど、インドのお昼時間です。

本当に暑いですが、とても乾燥しているので、木陰とそよ風があれば、だいぶ過ごしやすいです。温かい食事も楽しんでいただけたようです。

(写真を掲載しきれなかったので、Facebookにアップロードしました。こちらからもっとたくさんの写真をご覧いただけます。)

皆様の温かいお気持ち、改めまして心より御礼申し上げます。いつもの寺院での実施となり、子どもたちに加え、いつも来てくださる方、ご近所の方、地方から出て来てデリーに滞在している労働者の方、貧しいコミュニティから来る方など、さまざまなバックグラウンドを持つたくさんの方々へ奉仕することができました。食事というかけがえのない豊かさを通じ、多くの方々と繋がることができとても嬉しく思います。こうした温かい繋がりが広まっていくことを心より願っています。次回もどうぞ、宜しくお願い申し上げます。

アンナダーナを通じ、皆様にも大きな恩寵がありますように。

(スタッフ:ひるま)