スタッフ日記:フード・サービス・プログラムのご報告(薪について)

フード・サービス・プログラムにご支援をいただいている皆様、本当にありがとうございます。

最近の写真が届きましたので、ご報告させていただきます。夕方5時半頃にリキシャで向かうと、病院の外には容器を持って待っている人々の姿があります。初めて入院をした人など、中には配給のことを知らない人々もおり、周りの人々から聞いて遅れて来る人々もいるため、食事を逃すことがないように、配り終わった後もしばらく待ち、確実に皆が食事を得たことを確認してから戻ります。

150人〜200人分の食事は、中には家族分を持ち帰る人々もいるため、30分ほどで配り終えます。

今日は配給に使用する薪のご紹介です。これでおよそ1ヶ月分。

薪は1kgあたり6ルピー(約10円)。この計算で、1ヶ月に必要な薪代は8000ルピー(約14000円)となります(2年前の情報なので、今ではもっと高くなっていると思います。)

今では150人〜200人分の食事を準備していますが、これから雨季であるモンスーンがやってきます。ケララでは、2017年は5月下旬頃に始まるのではないか、というニュースが伝えられましたが、雨季が始まると病気も増え、配給量も増えます。皆様の温かいご支援を心よりお待ちしております。

NGOからも心からの感謝をお預かりしています。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

(スタッフ:ひるま)