ガンガー・ダシャラー2017

2017年5月25日の新月(日本時間の新月は26日)より、ガンジス河の生誕を祝福する10日間の祝祭「ガンガー・ダシャラー」が始まります。その10日目となる6月4日は、ガンジス河が地上に現れた日と信じられ、多くの人々がガンジス河で沐浴をし、祈りを捧げます。ヒンドゥー教徒にとって、ガンジス河はあらゆる罪を清め解脱を授ける究極の存在であると共に、女神ガンガーとして多くの恵みを与える母なる存在でもあります。

一説に、天を流れていたガンジス河は、賢者バギーラタの苦行によって、この地に降り注いだと伝えられます。バギーラタは、殺された祖先の霊を清め解放するために、天を流れる純粋なガンジス河の聖水を必要としていました。ガンジス河を地上にもたらすために行ったバギーラタの大変な苦行に神々は喜び、女神ガンガーはシヴァ神にその急流を受け止められながら地上へ降り注いだと言われます。こうして地上にもたらされたガンジス河であるが故に、その聖水に触れることで罪が清められ、解脱を得ることができると、現代でも多くの人々がこの河を崇め、心を委ねています。

ガンジス河だけでなく、インドでは多くの河が神聖なものとして崇められています。大自然が生み出す清らかな流れは、時に荒々しさを見せることがあっても、その静と動の狭間で偉大な存在を気づかせます。人々の深い信仰が捧げられるガンジス河は、ただ見つめるだけで忙しなく生み出される思考が落ち着き、心が洗われる瞬間が幾度となくありました。

バギーラタが苦行によってもっとも純粋なガンジス河の流れを地上にもたらしたことは、私たち自身が日々の中で正しい行いを努め、肉体に清らかな流れをもたらすことに変わりありません。そうして生み出される行いは私たち自身を清め、解脱に向けた道へと導いてくれるものであることを実感します。

ガンジス河の聖水は、それを信じる者の心を清めるものです。清らかな心はより良い行いを生み出し、確実に私たちの歩みを向上させてくれるに違いありません。こうした純粋な存在を抱き続けることは、日々をより清く生きるための何よりもの支えになるものです。インドの人々が心から崇めるこの存在を、自分自身の内にも抱き続けたいと感じています。

(文章:ひるま)