スタッフ日記:第11回アンナダーナ終了しました!

第11回アンナダーナにお気持ちを寄せていただきました皆さま、本当にありがとうございます。今回は孤児院にて、滞りなく無事に終えることができました。

孤児院でのアンナダーナは2回目となりました。今回は、デザートにいつも通りのハルワーを予定していましたが、前日に孤児院とお話をして、急遽キールを配ることになりました。前回、ハルワーがとても美味しかったようで、何人かの子どもたちがスタッフに甘えて、今度はキールが食べたい!とリクエストをしていました。

前夜に孤児院と最終の確認を取ったところ、子どもたちの希望を叶えるため、急遽キールを準備することに。ハルワー(ハルワ、ハルヴァなどとも)は、セモリナ粉を炒って、たっぷりのギーとドライフルーツとお砂糖を加えて作るお菓子です。キールは、お米を牛乳でおかゆのように煮て、たっぷりのドライフルーツとお砂糖を加えて作ります。予算的にも、どちらも同じでしたので、急でしたが、ケータリングの方々にお願いしキールを準備しました。

サブジー(野菜のおかず)、プーリー(揚げたパン)、キール。孤児院の子どもたちは、普段はなかなか、こうした豪華な食事を食べる機会がありません。今回の食事がキールだと知った子どもたちは大喜びでした。

食事をするホールには一度に30人ほどしか入れないため、交代で食事をいただくようです。

いつも200人くらいの子どもたちが生活をしているそう。お世話をする方たちなどを含め、今回も200~220食分を準備しました。

食事を配る前。孤児院の外では、子どもたちが元気に遊んでいます。勉強をする子の姿も。

孤児院は女の子の孤児院となるため、スタッフやケータリングの方達を含め、外部の男性が長く施設内に留まることができず、食事は外で作ってリキシャで運んでいます。

家族がおらず、住む家もない。子どもたちは、とても辛い思いをしていると思います。美味しいものを食べると私も嬉しくなりますが、こうした食事を通じて、子どもたちの心が少しでも豊かになることを心から願っています。何よりも、たくさんの方々から寄せられた気持ちを通じて、幸せを感じていることと思います。

次回は、6月24日(土)、病院でのアンナダーナを予定しています(孤児院でのアンナダーナも、今後、継続していきます)。次回も温かいご協力のほど、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

アンナダーナを通じ、皆様にも大きな恩寵がありますように。

(スタッフ:ひるま)