マータンギー女神の隠された性質

マータンギー女神と言えば、サラスヴァティー女神のタントラ型とも言われ、芸術や言語などの分野の方に、信奉される神様です。
しかし、マータンギーには隠された性質があるのをご存知でしょうか?
マータンギー女神を信奉していたマータンガ族は、インドの歴史の中で、最下層のカーストに組み入れられた歴史があります。
そのため、人々が嫌がる死体の処理に関する仕事などを強いられました。また歌舞音曲を披露して日銭を稼がなければならないような生活もさせられたと想像されます。
そのため、彼らの信奉していたマータンギー女神は芸能の神となる一方、現代ヒンドゥー教で唯一ともいえるたいへん穢れに強い女神となったのです。
マータンガ族は、被支配者階級だったとは言え、もともと大変優秀な民族でした。
彼らの信奉していたマータンギー女神は、次第に支配者階級にも取り入れられるようになったとも考えられます。
さらに、マータンギー女神の異なった形として良く知られるラージャ・マータンギー女神は、不可能を可能にする神としても知られています。
以前、インドの某州の知事が、ラージャ・マータンギー女神の信奉者で、本当は知事になれる運命にはなかったのですが、この女神のプージャーによって知事の座につくことができた、という話も聞いたことがあります。
この女神を信奉することにより、大いなる祝福を得ようではありませんか!

(文章:ガネーシャ・ギリ)

‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥
ガネーシャ・ギリ氏共著 『インド占星術と運命改善法』

ガネーシャ・ギリによるインド占星術鑑定

ガネーシャ・ギリによるヨーガクラス
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥