クリシュナ神と16,000人の妻

恋人であるラーダーとの愛が色濃く描かれるクリシュナ神には、ラクシュミー女神の化身であるルクミニーの他に、8人の正妻がいたと伝えられます。一方で、16,000人の妻を持ったと伝える神話もあり(16,100人、16,108人と伝えられることもあります)、このクリシュナ神の偉大な愛には、現代でも多くの人々が魅了され続けています。

クリシュナ神が妻とした16,000人の女性たちは、クリシュナ神を熱心に崇めながらも、悪魔であるナラカースラに囚われていました。クリシュナ神は彼女たちを救い出し、解放します。しかし、悪魔に囚われていた女性たちは不浄であると、社会が彼女たちを受け入れることはありませんでした。

彼女たちはクリシュナ神との結婚を望み、愛に満ちるクリシュナ神は一人一人を妻として受け入れます。そうして神聖な結婚を果たした彼女たちは純粋な存在となり、クリシュナ神の妻として社会に受け入れられると、色とりどりの美しい花が咲き乱れる邸宅で、幸せに暮らしたと伝えられます。

クリシュナ神との結びつきを願う者には、どんなに困難な状況にも恩寵が与えられ、喜びと幸せの中で生きることができるということがわかります。そんな彼女たちを、賢者のナーラダが訪ねたことがありました。クリシュナ神はどうやって16,000人もの妻を幸せにしているのだろうと、疑問を抱いていたからです。

ナーラダが一人目の妻を訪れると、そこにはクリシュナ神の姿がありました。そして、二人目の妻を訪れると、そこにもクリシュナ神の姿がありました。その後、三人目の妻を訪れると、そこにもやはり、クリシュナ神の姿がありました。クリシュナ神は、16,000の姿となってあらわれ、彼女たちを平等に愛したのだといわれます。

私たちはこの社会を生きる中で、揺れ動く心の働きからさまざまな悪に飲み込まれ、自らを汚してしまうことも少なくありません。しかし、どんな困難に向き合おうと、遍満する神の愛を求めることでその存在と結ばれ、大きな恩寵を受け取ることができます。

誰しもに行き渡るクリシュナ神の愛。それを認識する時、大きな喜びと幸せの中で生きることができるに違いありません。皆様にもクリシュナ神の大きな恩寵がありますように、心よりお祈り申し上げます。

(文章:ひるま)

参照:https://en.wikipedia.org/wiki/Junior_wives_of_Krishna