幸運な人の努力

占星術のホロスコープで、よい星の配置の方はある程度自動的に幸せな人生を送り、配置のよくない方はある程度自動的に困難を伴う人生を送る・・・。
この表現は、残念ながらある意味で真理を含んでいます。
ただ・・・占星術の処方をしていて、幸運な方とそうでない方の運命の差よりも、行動の方に大きな違いを感じることもあります。
たとえば、鑑定を受けられた方に処方としてガーヤトリーマントラを唱えてください、と申し上げるとします。
「何回ですか?」と聞かれ、「毎朝、最低9回、できれば108回が望ましいです。」と申し上げます。
一般的に、幸運なホロスコープの持ち主は「108回ですね。わかりました。」とおっしゃることが多く、不幸なホロスコープをお持ちの方は、「9回ですか・・。毎日唱えなければならないのですか?唱えられるかな・・・。」のような回答をされることが多いです(もちろん個人差があります。)
ですが、実はこの傾向はかなり顕著に見受けられます。
つまり幸運な方は、(処方の実践において)その程度の努力は何とも思わず、不幸な方はそんな努力は難しいと思うことが多いのです。

昔、「天才とは才能に恵まれている人のことではなく、他の人ができないような努力を普通の顔をしてやってしまう人のことだ。」 というような話を聞いたことがありますが、占星術においても状況は似ています。

でも、大丈夫です。(私ガネーシャギリを含め)幸運でない運命の持ち主の方も、幸運な人と同じくらいの努力をすればきっと幸せになれます。
実践あるのみです。マイペースでいいと思います。コツコツと頑張りましょう。

(文章:ガネーシャ・ギリ)

‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥
ガネーシャ・ギリ氏共著 『インド占星術と運命改善法』

ガネーシャ・ギリによるインド占星術鑑定

ガネーシャ・ギリによるヨーガクラス
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥