sarvamaṅgalamāṅgalyeで始まるドゥルガーマントラ

sarvamaṅgalamāṅgalye「サルヴァ・マンガラ・マーンガリェー」ではじまる、ドゥルガー女神へのマントラの解説です。

 

このマントラは、元々は『マールカンデーヤ・プラーナ(मार्कण्डेयपुराणम् MārkaṇḍeyaPurāṇa)』という、聖仙マールカンデーヤにより伝授された聖典のなかの第91章第9詩節(数え方によっては第10詩節)に由来します。しかし『マールカンデーヤ・プラーナ』の一節というよりも、女神による魔族討伐の神話を説く『デーヴィー・マーハートミャ(देवीमाहात्म्यम् devīmāhātmyam)』の11章第9詩節(もしくは第10詩節)として、より知られていることと思います。

 

『デーヴィー・マーハートミャ』は『マールカンデーヤ・プラーナ』81章から93章にあたる全13章分で、シャクティ派、シャクティ信仰の聖典として特に尊重されています。およそ700の韻文詩を含むため、「サプタ・シャティー(700節の詩) सप्तशती  saptaśatī」とも呼ばれ(ドゥルガー・サプタ・シャティー(दुर्गासप्तशती durgāsaptaśatī)、チャンディー・パータ(चण्डीपाठः caṇḍīpāṭhaḥ)とも。)、ドゥルガープージャー、ナヴァラートリにおいて唱えられます。

 

【逐語訳】

सर्वमङ्गलमाङ्गल्ये

sarvamaṅgalamāṅgalye

全ての吉祥なもののなかでも吉祥なる女神よ!

(サルヴァ・マンガラ・マーンガリェー)

 

शिवे सर्वार्थसाधिके ।

śive sarvārthasādhike |

聖なる女神、

全ての目的を成就する女神よ!

(シヴェー・サルヴァールタ・サーディケー)

 

शरण्ये त्र्यम्बके गौरि

śaraṇye tryambake gauri

庇護者たる女神、

三つ目の女神、

輝かしい女神よ!

(シャランニェー・トリャンバケー・ガウリ)

 

नारायणि नमोऽस्तु ते ॥

nārāyaṇi namo‘stu te ||

ナーラーヤニーよ!

汝に帰依いたします。

(ナーラーヤニ・ナモー・ストゥ・テー)

 

【単語の意味と文法の解説】

左から、デーヴァナガーリー表記、ローマ字表記、<名詞の語幹形、動詞の語根形 >、語意、(文法的説明)、「訳」、という順番で説明しています。

 

सर्व-  sarva- 全ての(複合語)

मङ्गल-  maṅgala- 吉祥なる(複合語)

माङ्गल्ये  māṅgalye < māṅgalyā- > 吉祥なるもの (女性名詞、呼格、単数) 「吉祥な者よ!」

शिवे  śive < śivā- > 聖なるもの(女性名詞、呼格、単数<śivaの女性形)「聖なる者よ!」

सर्व- sarva- 全ての(複合語、代名詞的形容詞)

अर्थ- artha- 目的(複合語)

साधिके sādhike < sādhikā- > 成就するもの(女性名詞、呼格、単数)「全ての目的を成就する者よ!」

शरन्ये śaranye < śaraṇyā-> 庇護するもの(女性名詞、呼格、単数)「庇護するものよ!」

त्रि tri- 三つの

अम्बके ambake < ambakā- > 目(女性名詞、呼格、単数) 「三つ目を持つ者よ!」

गौरि gauri < gaurī- > 黄色いもの、輝くもの(女性名詞、呼格、単数)「輝く者よ!」

नारायणि nārāyaṇi < nārāyaṇī- > ナーラーヤニー(女性名詞、呼格、単数)「ナーラーヤニーよ!」

नमो namo < namaḥ >  南無、敬礼、帰依(中性名詞、主格、単数)「帰依が」

अस्तु astu < √as- >~である(命令法、能動態、3人称、単数)「あれ!」

ते te < tubhyam > あなたに(二人称代名詞、為格、単数の附帯形)「あなたに」

 

(文章:pRthivii)