スタッフ日記:第15回アンナダーナ終了しました!

第15回アンナダーナにお気持ちを寄せていただきました皆さま、本当にありがとうございます。今回は病院にて、滞りなく無事に終えることができました。

病院では、3回目の実施となりました。当日は朝から雨。雨が降ると少し気温が下がりますが、それでも湿気が多く、まだ体にこたえる天候が続いています。調理では熱したギーを使用するため、屋根の下でいつもより慎重に行いました。病院の近くでは、食事を配る場所に屋根がないため、どうにか止んでくれるようにと願っていると、配る間の2〜3時間ほどはぴったりと雨が止みました。

今回も、私たちが実施した時間帯には、周囲で3つのアンナダーナが行われていました。言葉も食文化も異なる遠く離れた地域から、家族の付き添いのために病院を訪れ、かさむ治療費に日々の食事すら得られない人々も多くいます。さまざまな思想や慣習が根づく広大な地で、増え続ける人口を支える社会保障制度の実施は容易ではありません。そんな時、助けになるのは人々の温かい気持ちや繋がりです。古代から受け継がれてきたこうした豊かさが、現代社会にもしっかりと生きるインドには、学ぶことが多くあります。

朝の7時頃、調理の準備が始まります。準備が始まった際には降っていませんでしたが、この後、大雨となりました。

出来た食事はトラックに積み、病院の近くへ運びます。そのまま、トラックの荷台で食事を配ります。

周囲で別のアンナダーナが行われているにも関わらず、列が途絶えることはありません。

順番を待ち、ただただ静かに列に並んでくださいます。

2〜3時間ほどで、用意をした1000食分以上の食事を配り終えることができました。

他を思うことで得られる心の豊かさは、決して廃れることなく、自分自身だけでなく周囲へと大きく広がっていきます。周囲に目を向け、常に全体と繋がり、自分自身と社会の幸せを願いたいと思います。

次回は、寺院でのアンナダーナを予定しています。次回も温かいご協力のほど、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

アンナダーナを通じ、皆様にも大きな恩寵がありますように。

(スタッフ:ひるま)