女神の神秘

命を与え、育み、そして取り去るもの。その力は女神として、インドでは古代から崇められてきました。宇宙全体を動かすその力は、究極の美しさからおののくほどの恐ろしさまで、この世界を神秘的にあらわします。

シャクティとして崇拝されてきた女神の力は、誰しもが持つ根底のムーラーダーラ・チャクラにおいて、クンダリニーとして渦巻いています。シャクティ信仰では、クンダリニーが上昇し、頭頂のサハスラーラ・チャクラに座すシヴァ神と合一する時、究極の境地へ至ると信じられてきました。

そんなシャクティ信仰の初期に崇められていた女神に、ラッジャー・ガウリー(Lajja Gauri)と呼ばれる女神がいます。この女神に、頭はありません。首の上には、大きな蓮が美しく開花しています。豊満な身体で足を大きく広げ、外陰部を露出させるその姿には、古代から崇められてきた女性エネルギーの神秘が漂います。宇宙を生み出す母として、神聖さと大胆さを併せ持つその妥協のない姿に、生きる意味の生々しさを見るようでした。

ラッジャー・ガウリー女神は大胆な姿を見せる一方で、その名には、謙虚や内気という意味があります。一説には、シヴァ神との結びつきにおいて、彼女は恥ずかしさのあまり頭を隠すと、頭のない女神として崇められるようになったのだといわれます。

個々の内には、シヴァ(精神)とシャクティ(物質)の原理が存在します。その二つの結合は、肉体を持って生まれたことにおける最終的な目的として求められてきました。私たちが生きようとする力は、頭頂で待つシヴァ神に結ばれようとする女神の願いのあらわれに他ありません。こうして生きる日々は、目覚めに向けた気づきを得る大切な瞬間であることを女神は教えてくれます。

個々の内に生きる女神の力が昇華し、頭頂でシヴァ神と合一する時、私たちは永遠の至福に包まれます。ナヴァラートリー祭は、断食や祈りを通じ、女神の力を呼び覚ますもっとも吉祥な時です。そして開花する意識は、蓮の花のように美しいに違いありません。

(文章:ひるま)