チャイルド・スポンサーシップのご報告(2017年9月)

チャイルド・スポンサーシップ(子どもの教育支援)にご協力をいただいている皆様、温かいご支援をいただき誠にありがとうございます。9月の配給時の様子が届きましたので、ご報告をさせていただきます。

最初に、インドを含む南アジアでは、各地で雨季による豪雨の被害が大きくなり、たくさんの方々が亡くなっています。ケーララ州でも、毎年のようにこの時期は豪雨の被害が大きくなります。特に、支援をしているダリットの人々は低い土地に住むことを余儀なくされるため、被害を受けやすい状況にあります。今年、ケーララ州では大きな被害は出ていないようですが、各地ではまだまだ被害が大きくなる一方のようです。一人でも多くの人の心が安らかであるように願ってなりません。

9月の配給の様子になりますが、オーナム祭(9月4日)のための物品を含めた配給が行われました。通常、配給は第2週目の土曜日となりますが、オーナム祭の準備に合わせ、9月分の配給は8月26日に行われています。

ケーララ州の人々にとって、オーナム祭は特別なお祭りです。しかし、こうした祝祭をお祝いすることができないほど困窮している家庭も多くあります。SEEDS-INDIAでは、支援を行う子どもたちが他の子どもたちと同じようにこの祝祭をお祝いすることができるよう、配給を行いました。子どもたちの豊かな心を育むことは、社会の発展にとってとても大切なことと考えています。

生活の文化が大きく異なり、特に不安定な生活をしているダリットの人々は、途中で支援を離れてしまう場合も多くあります。支援家庭の数は変動することがありますが、現在は41家族を支援しています。そのうち10人が男の子、31人が女の子です。

ケーララ州には貧しい家庭を支援する配給手帳がありますが、登録されるのは一家の年長の女性です。男性は配給された物を転売しアルコールを入手したりすることがあるため、配給を受けることができるのは女性のみとなりました。

たくましく生きる現地の人々の姿には学ぶことばかりです。こうした繋がりの中で、私自身も成長できるよう努めたいと感じています。現地ではまだ祝祭の喜びが続いていることと思います。皆様にも大きな祝福がありますよう、心よりお祈り申し上げます。

※8月の配給につきましては、通常通り第2週目の土曜日(8月12日)に実施されました。誠に申し訳ございませんが、SEEDS-INDIAの代表が現地に不在となり、現地スタッフによる写真の保存ができかねましたため、この度のご報告とあわせ無事に終了のご報告をさせていただきたいと存じます。何卒宜しくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)