母なる女神の怒りと愛

女神たちを崇める9日間のナヴァラートリー祭は、ドゥルガー・プージャーとも呼ばれるように、強力な戦士であるドゥルガー女神と真摯に向き合う吉祥な時です。ドゥルガー女神は、マヒシャースラという悪神を倒すために、このナヴァラートリー祭を通じて生まれたと信じられます。ドゥルガー女神の誕生神話を見つめると、自分自身の内なる女性エネルギーの重要性を、深く理解することができます。

大変な苦行を行った悪神のマヒシャースラは、男性には殺されないという特別な力を与えられ、世界を恐怖に陥れていました。マヒシャースラを倒すための女性を必要としていた世界では、ブラフマー神、ヴィシュヌ神、シヴァ神が力を合わせると、強力な戦士としてドゥルガー女神が生まれます。神々の力をすべて合わせ持つドゥルガー女神は、世界の危機に激しく怒り、自身の子どもである世界を守るため、悪神のマヒシャースラを9日間の戦いの後に倒すと、悪を滅ぼす女神として崇められるようになりました。

この神話は、男性の力だけでは世界の秩序を保つことができず、正義には女性の力が必要であることを示しています。その力は、ドゥルガー女神として、誰しもの内に生きています。個々の内でドゥルガー女が目覚める時、一切の悪は打ち砕かれ、世界には平和が生まれていきます。

ドゥルガー女神が倒したマヒシャースラは、水牛の悪魔でした。水牛は、動物的な性質をあらわします。それは、私たちの肉体であり、また欲望の象徴として捉えられます。世界に混乱をもたらす欲望を制御する優れた方法は、母なるドゥルガー女神の愛を礼拝し、内なる女性エネルギーを目覚めさせることです。その祈りは、私たちの身体と心に渦巻く悪質を浄化し、社会に平和をもたらす大切なプロセスとなります。

9日間のナヴァラートリー祭を終えると、2017年は9月30日に、勝利の10日目であるダシャラー祭が祝福されます。季節の変わり目は、悪質な感情や思考がとりわけ強くなる時といわれます。この9日間、断食や瞑想を通じ母なる女神の愛と大切に向き合い、内なる悪質を倒し、ダシャラー祭を清らかな身体と心で祝福したいと感じます。皆様にとっても、女神の大きな祝福に満ちた時となりますよう、心よりお祈りしております。

(文章:ひるま)