軽視できないヴィシャ・ドーシャ

インド占星術において、土星と月が同じ部屋にあるヴィシャ・ドーシャは、例えば有名なカール・サルプ・ドーシャなどのようにあまり名前も知られておらず、一般的にはあまり重要視されていないかもしれません。
しかし、このヴィシャ・ドーシャは、月の強さや土星との距離、どの部屋に存在しているかなどの条件にもよりますが、かなり致命的な問題を与えることがあります。
例えば6室にあれば、酷い性質の敵に悩まされる可能性もありますし、8室にあれば命を削るような疾患などの可能性もあります。またこのドーシャがある方は、サターンリターン(土星が生まれた時にあった部屋に戻ってくること)とサディサティ(現在の土星の位置がホロスコープ上の月の近くにある時期:詳しくは過去の記事ご参照ください)も重なるため、軽視できないのです。
処方としては、どちらか一つではなく、月も土星もどちらもなだめる必要があります。
だだ、一般的には月の方をより多く癒すケースが多いようにも思います。
このコンビネーションをお持ちの方は自宅にシャニ(土星)とチャンドラ(月)の神像を祀り礼拝するとか、(特にその影響が強まる時期を中心に)ヴィシャ・ドーシャのプージャーを受けるなど、処方をお勧めいたします。
予め処方をして快適な人生を歩みたいものですね!

(文章:ガネーシャ・ギリ)

‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥
[ガネーシャ・ギリ 同行]最強厄除開運・インド縦断 – 女神と聖者とガンジス川から力を貰う旅

ガネーシャ・ギリ氏共著 『インド占星術と運命改善法』

ガネーシャ・ギリによるインド占星術鑑定

ガネーシャ・ギリによるヨーガクラス
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥