朝一番に唱える大地の女神に対するマントラ

サムドラヴァサネー・デーヴィではじまる、朝一番に唱える大地の女神に対するマントラを解説します。このマントラは、プリティヴィー・クシャマーパナム(पृथ्वीक्षमापनम् pṛthvīkṣamāpanam、大地に許しを得ること)、あるいは、プリティヴィー・クシャマプラールタナム(पृथ्वीक्षमप्रार्थनम् pṛthvīkṣamaprārthanam、大地へ許しを請うこと)、モーニング・マントラという名前でも知られているとおり、朝、寝起きにベッドから降りる前(足を床につける前)、足で大地を踏みしめることにたいして、女神に許しを請うために唱えます。

寝起きに一呼吸おくことで立ちくらみを防いだり、目覚めをすっきりさせる効果もあるといわれます。

 

プリティヴィー(पृथ्वी pṛthvī または पृथिवी pṛthivī)とは大地のこと、「広きもの」、大地の女神、地母神を指しています。別名ブーミ(भूमि bhūmi)。もっとも古い聖典であるリグ・ヴェーダの中では、天の神ディヤウス(द्यौस्、dyaus)の妻として登場します。リグ・ヴェーダの初期の段階では、天と地、ディヤウスとプリティヴィーを世界の両親とする世界観があり、両者を讃えた「ディヤーヴァー・プリティヴィー讃歌」もあります。

ディヤウスはディヤウシュ・ピター(द्यौष्पिता  dyauṣpitā)、父なる天とも呼ばれ、ギリシャ神話のデウスやローマ神話のユーピテル(ジュピター)と起源を同じくする神ですが、インドでは単独で崇拝されることはなく、ほとんど忘れられた神格となってしまいました。

 

一方のプリティヴィー(ブーミ)はプリティヴィー・マーター(पृथ्वीमाता

pṛthvīmātā)、母なる大地と呼ばれています。

 

プリティヴィー(ブーミ)は他にも

ダートリー(धात्री dhātrī)支えるもの

ダラー(धरा dharā)支えるもの

ラトナガルバ(रत्नगर्भ ratnagarbha)宝石を孕むもの

など、様々なあだ名がついており、後には豊穣の女神としてラクシュミーと同一視されています。このモーニング・マントラでも「ヴィシュヌ神の妻」として崇められています。

(ちなみに筆者の名前もプリティヴィー女神にちなんでいます)

 

【逐語訳】

समुद्रवसने देवि पर्वतस्तनमण्डले ।

samudra-vasane devi parvata-stana-maṇḍale |

海という衣をまとうものよ!女神よ!山という乳房を持つものよ!

(サムドラ・ヴァサネー デーヴィ パルヴァタ・スタナ・マンダレー)

*太字は有気音

 

विष्णुपत्नि नमस्तुभ्यं पादस्पर्शं क्षमस्वमे ॥

viṣṇu-patni namas_tubhyaṁ pāda-sparśaṁ kṣamasva me ||

ヴィシュヌの妻よ!あなたを敬います。足が触れることを私にお許しください。

(ヴィシュヌ・パトニ ナマス トゥビャン パーダスパルシャン クシャマスヴァ メー)

 

【単語の意味と文法の解説】

 

左から、デーヴァナガーリー表記、ローマ字表記、<名詞の語幹形、動詞の語根形 >、語意、(文法的説明)、「訳」、という順番で説明しています。

 

समुद्र <samudra-> 海(複合語、次のvasanaにかかる)

वसने vasane <vasanā-> 衣服(所有複合語、中性名詞vasana-の女性名詞化、呼格、単数)「海を衣服とするものよ」

देवि devi <devī-> 女神(女性名詞、)「女神よ」

पर्वत <parvata-> 山(複合語、次のstanamaṇḍalaにかかる)

स्तन <stana-> 乳

मण्डले maṇḍale <maṇḍalā-> 丸み(所有複合語、中性名詞maṇḍala-の女性名詞化、呼格、単数)「山を乳房とするものよ」

विष्णु <viṣṇu-> ヴィシュヌ(複合語、次のpatnīにかかる)

पत्नि patni <patnī-> 妻(複合語、女性名詞、呼格、単数)「ヴィシュヌの妻よ」

नमस् <namas> ナマス、礼拝、敬礼(不変化)「敬礼を」

तुभ्यम् tubhyam <tvat-> あなた(2人称代名詞、為格、単数)「あなたに」

पाद <pāda-> 足(複合語、次のsparśaにかかる)

स्पर्शं sparśaṁ < sparśa-> 接触(複合語、男性名詞、対格、単数)「足の接触を」

क्षमस्व kṣamasva <√kṣam-> 許す(現在、反射態、命令法、2人称、単数)「許せ」

मे me <mat-> 私(1人称代名詞、為格または属格、単数)「私に」

 

 

(pRthivii)