チャタ・プージャー2017

インドの一部の地域では、2017年10月26日にチャタ・プージャーが祝福されます。

チャタ・プージャーは、ディーワーリー祭後の6日目よりおよそ4日間続く、太陽神に捧げられる祈りです。チャット・パルヴァ、ダーラー・チャタ、スーリヤ・シャシュティーなどとも呼ばれます。

太陽神に捧げられるこの祈りにおいては、聖なる河において沐浴をし身を清める行いや、断食を通じ太陽神に祈ります。この間に捧げられる太陽神への祈りは、さまざまな病を回復し、健康をもたらすと信じられています。

気温が下がり、断食が容易になるこの時は、水すらも摂らない36時間の断食を行う慣習もあると言われます。ヨーガの歴史においては、ヴェーダ時代、多くのリシたちが食物を摂らずとも太陽からのエネルギーを得ることで生存していたと言われ、それは、このチャタ・プージャーによるものであったとも伝えられています。

これからは太陽を欲する季節を迎えます。この時に改めて、その恵みに感謝をするのも吉兆なこととなるかもしれません。

参照:http://en.wikipedia.org/wiki/Chhath