スタッフ日記:第18回アンナダーナ終了しました!

第18回アンナダーナにお気持ちを寄せていただきました皆さま、本当にありがとうございます。今回は病院にて、滞りなく無事に終えることができました。

病院では、4回目の実施となりました。ディーワーリー祭を終えた北インドでは、朝晩の気温は20度を下回るようになり、とても過ごしやすくなりました。それでも、日中は30度を超える気温となり、まだまだ暑い日が続きます。季節が穏やかになっても、病院にはインド各地から多くの人々が訪れるため、いつものようにたくさんの人々が食事を待っていました。

これから寒くなると、北インドの大都市では大気汚染が深刻となります。特に気温が下がる早朝は、有害物質が停滞するために、一寸先も見えないほどの靄がかかることも少なくありません。経済の発展に伴い、病にかかる人が増えました。呼吸器系疾患や循環器系疾患を抱える人々が多く、一日中外で労働を行う貧しい人々がこうした被害を特に多く被っているといいます。

食事の配給を行う際も、食事を受け取るために長い時間外で待ち、そのまま排気ガスの溢れる道路で食事を済ませる方々の姿が多くありました。私たちは、食事を与えるだけでなく、こうした社会を生み出してしまう原因を、自分自身の生活を通じて見つめ直す必要があるようにも思います。

病院周辺ではいつも複数のアンナダーナが実施されており、遅れると配給を行う場所がなくなってしまうため、いつもよりも張り切って朝から準備を進めます。

今回、私たちが実施した時間帯には、周囲で5つのアンナダーナが行われていました。それでも、食事は2時間半ほどで1000食分以上を配り終えました。

口を覆い隠す人の姿もあり、埃にまみれる車を見ても大気汚染の深刻さがわかります。一日拭かないだけでも、こんな風に埃まみれになってしまいます。

家族のために、あちこち並んで食事を得る人々もいるようです。

地面に座って食事をする方の姿も多くあります。大都市の環境では身体によくありませんが、仕方ありません。

誰もが健康で豊かな生活を享受できるように、私自身も生活のあり方を常に考えながら過ごしたいと感じます。そうして大きな世界と向き合いながら生活することは、日々に平安を授けてくれるように思います。

次回は、寺院でのアンナダーナを予定しています。次回も温かいご協力のほど、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

アンナダーナを通じ、皆様にも大きな恩寵がありますように。

(スタッフ:ひるま)