瞑想の力

古代インドにおいて、神の探求のために発展した瞑想は、現代社会において、優れた健康法のひとつとして実践されています。補完・代替医療として、瞑想が積極的に取り入れられることも少なくありません。瞑想の効果については多くの研究がなされ、私たちに与えるさまざまな恩恵が明らかになってきています。

神とは一体どのような存在なのか、古代の賢者たちが静かに座り、熟考したことから広まった瞑想は、悟りを得る手段として大切に受け継がれてきました。現代社会では、瞑想を通じて心身を落ち着けることで、ネガティブな思考が静まり、心身は深い安らぎに包まれるといわれ、癒しの手段として好まれています。また、集中力が高まり、ストレスが軽減し、仕事のパフォーマンスやその満足度が向上するともいわれ、癒しを超えた幅広い分野で実践されています。こうした計り知れない恩恵がある瞑想は、日々の暮らしの中で、世界と調和をする大切な一瞬でもあります。

現代では、磁気共鳴機能画像法(fMRI)や脳波検査(EEG)といった技術の発達によって、脳生理学や神経学の観点から、瞑想の効果がさまざまに実証されています。研究者たちは、脳波を調べ、瞑想がどのように人体に影響を与えるのかを研究してきました。そうした研究は、脳の働きだけでなく、心の健康、認知力、鎮静効果、老化防止、幸福度の向上などにも及んでいます。

こうしたさまざまな恩恵が伝えられる瞑想に取り組む際は、まず、静かで穏やかな場所を見つけましょう。心地よく、リラックスした状態で行うことにより、より深い瞑想状態へと達し、究極の安らぎを得ることができるといわれます。瞑想には、真言を唱えるマントラ瞑想や、自分自身の精神状態を内面的に観察するシンプルな瞑想もあります。視覚化を実践する瞑想は、想像力を使って心身により良い状態を生み出す瞑想テクニックです。その他にも、今という瞬間につながる呼吸を用いた瞑想や、ヨーガのように身体を積極的に動かす瞑想などもあります。自分にとって適切な瞑想を実践することで、その恩恵を深く実感することができるでしょう。

(SitaRama)