恐れと不安、憂うつに打ち克つプラティヤンギラー女神のマントラ

恐れ、不安、憂うつは、建設的思考と活動的で魅力あふれる生活の妨げになる三大要因です。この3つの障害物は、人々の勇気を奪いとり、あらゆる面での進展を遅らせる要因となります。

薬によって病を癒すことができるかもしれませんが、これら3つの精神的な障壁は、インド伝統のマントラの力に頼ることもできます。

ヴェーダ・マントラと、サンスクリットのシュローカは、神々に語りかけ、精神的重圧の軽減を祈願します。このマントラ・セラピーは、心の平安をもたらし、憂うつに打ち克ち、自信を与えるために神々が処方された伝統的な音薬といわれます。

恐れと不安、憂うつに打ち克つためのマントラには、プラティヤンギラー女神のマントラがあります。プラティヤンギラー女神は、魔王ヒラニヤカシプを倒したナラシンハ(ヴィシュヌの第4の化身)を静めた女神として知られています。女神はシヴァ神の第3の目から生じ、善と悪の象徴である人間とライオンの姿をしています。

プラティヤンギラー女神は、強力で凶暴ながら聖なる母として奥深い側面を持っています。強い保護をもたらすため、さまざまな病や苦しみ、ネガティブな影響を防ぐとして広く崇拝されています。