ラング・パンチャミー2018

holi7

2018年3月2日は満月です。この満月は、インドの三大祭の一つにも数えられるホーリー祭が祝福される喜びの時です。昨夜は街のあちらこちらで大きな焚き火が焚かれ、悪を払う祈りのプージャーが執り行われました。本日は、カラフルな色粉や色水を投げ合うドゥランディーとなり、インド中が歓喜に包まれています。

このホーリー祭の前後には、広大なインドの各地でさまざまに異なるホーリー祭が祝福されます。マハーラーシュトラ州やマディヤ・プラデーシュ州の農村地域では、ホーリー祭より5日目に行われるラング・パンチャミーがホーリー祭として祝福されます。2018年は3月6日です。

ホーリー祭では、満月の夜に大きな焚き火を燃やします。この夜に燃え上がる炎は、大気中のタマスとラジャスの質を浄化すると信じられます。そして翌日、浄化された空間にカラフルな色を投げ、喜びに満ちた神々の質を呼び覚まします。

ラング・パンチャミーのラングは「色」、パンチャミーは「5日目」を意味します。一部の地域では、このホーリー祭から5日目のラング・パンチャミーにおいて、5色の色を投げ合い5大要素を活性化し、神々を呼び覚ますことで、その繋がりを深めると信じられています。

参照:https://en.wikipedia.org/wiki/Rang_Panchami