スタッフ日記:第23回アンナダーナ終了しました!

第23回アンナダーナにお気持ちを寄せていただきました皆さま、本当にありがとうございます。今回は寺院にて、滞りなく無事に終えることができました。

今年は3月1日と2日にホーリー祭を終えたインド。アンナダーナを実施するデリーあたりでは、すっかり30度を超え夏の陽気となりました。今年の冬は過去12年間でもっとも温かい冬だったと伝えられ、夏が来るのも早いように感じます。雨が降らずとても乾燥していますが、ホーリー祭で撒かれた色水のおかげか、あちこちカラフルに潤っています。

今回のアンナダーナは、いつも以上に子どもたちの姿が多くありました。ホーリー祭のすぐ後とあって、まだお祭り気分の子どもたちの姿も見られます。とても賑やかな実施となり、いつもと同じくらいの3時間ほどで、1000食分以上を配り終えました。

毎回、寺院での実施では、さまざまなバックグラウンドを持つ方々に食事を提供することができます。与える人、与えられる人、その想いが繋がって、こうして食事が届けられることは素晴らしいなと感じることがあります。

インドでは祝日だけでなく、自分の誕生日や何かの記念日にアンナダーナを実施する人々が多くいます。あちこちで頻繁に目にするアンナダーナを通じては、喜びを自分だけのものとするのではなく、こうして分かち合うことで、もっと大きな喜びが生まれることに気づかされます。一人一人の温かい気持ちによって、社会に大きな喜びが生まれることを心から願っています。

次回も温かいご協力のほど、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

アンナダーナを通じ、皆様にも大きな恩寵がありますように。

(スタッフ:ひるま)