大地を救う猪の神

世界中が深い祈りに包まれた3月11日。
インドは、暑い夏を迎える前の、束の間の春の穏やかな気候が続いていました。
この季節になると、あの時に感じた強く大きな祈りを思い出します。
何年経っても、風化することはありません。

大自然の豊かなあらわれが神々として崇められるインドの神話には、宇宙の大海に沈んだ大地を救う、猪の姿をしたヴァラーハと呼ばれる神様がいます。
ヴィシュヌ神の化身として崇められるヴァラーハ神について、シュリーマド・バーガヴァタムでは以下のように記されています。

『あらゆる犠牲を楽しむ至高の方は、大地の繁栄を願い猪の姿としての化身を受け入れました。彼はそして、冥土に沈む大地を持ち上げました。』(Srimad Bhagavatam 1.3.7)

『究極の力を持つ至高神が、気晴らしとして猪の姿をとったとき、地球の生命はまさにガルボーダカと呼ばれる宇宙の大海に沈んでいました。大地を沈めた悪魔ヒラニヤークシャが現れたとき、神はその牙で悪魔を突き刺しました。』(Srimad Bhagavatam 2.7.1)

ヴァラーハ神が倒した悪魔ヒラニヤークシャの名は、「金の目を持つもの」を意味します。
富と欲望によって地球全体を征服しようとしたヒラニヤークシャは、計り知れない恵みをもたらす大地の女神を誘拐し、宇宙の大海へと沈めてしまいました。
神々が助けを求めると、ヴィシュヌ神は猪の姿となってヒラニヤークシャを倒し、沈んだ大地を持ち上げたのだと伝えられます。

猪は、犠牲の象徴として崇められてきました。
泥浴を好む猪が雨雲のように黒い姿となって、凄まじい勢いで突進する姿には、ヴァラーハ神があらゆる犠牲を恐れることなく真っ直ぐに突き進み、大地を救う姿が見えるようです。

ヴァラーハ神の牙の上で均衡をとる地球を見ると、世界の調和のためには、どんな時も、一人一人の胸で生きるヴァラーハ神が必要のように感じます。
自分自身の欲望を倒し、誰しもがより大きな世界のために生きる時、そこには究極の平安があるに違いありません。

大惨事を乗り越え、前に突き進む強さの根底には、人々の深い祈りが支えとしてあったことと思います。
世界が一つの大きな祈りに包まれたあの瞬間を忘れることなく、今を大切に生きたいと感じています。
皆様にとっても、この時が安らかな時でありますよう、心よりお祈り申し上げております。

(文章:ひるま)