チャイルド・スポンサーシップのご報告(2018年3月)

チャイルド・スポンサーシップ(子どもの教育支援)にご協力をいただいている皆様、温かいご支援をいただき誠にありがとうございます。
3月の配給時の様子が届きましたので、ご報告をさせていただきます。

先月のご報告におきまして、配給はスタッフが村や家に物資を直接運ぶことに変更となったことをご報告させていただきました。
しかし、先月はイースターのお祝いがあったため、グッドフライデーの前日となる29日に子どもたちを施設に招き、ささやかなお祝いと配給を行いました。

月に一度のこの集まりをとても楽しみにしている子どもたちも多く、多くの笑顔を見ることができたようです。
子どもたちが集合することは、お互いのつながりを深めるための大切な機会と捉えています。
今後も可能な限りは、こうして集合する機会を続けていきたいとのことでした。

3月の最後の週は、木曜日にジャイナ教の開祖であるマハーヴィーラの降誕祭、金曜日はグッド・フライデー、土曜日はお猿の神様ハヌマーンの降誕祭、そして日曜日はイースターと、祝日が続きました。
SEEDS-INDIAはキリスト教のNGOとなりますが、思想や宗教を問わず、幅広い視野を持って社会に羽ばたくことができるよう、子どもたちの支援を行っています。
差別や虐待を受けやすいダリットや貧困層にある子どもたちが、他の子どもたちと同じように、日々の喜びを知ることができるよう、今後も支援を続けていきたいと思っています。

いつも温かいご支援をいただき、心より御礼申し上げます。これからもどうぞ宜しくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)