スタッフ日記:第25回アンナダーナ終了しました!

第25回アンナダーナにお気持ちを寄せていただきました皆さま、本当にありがとうございます。

病院では、6回目の実施となりました。北インドでは、先週から連日のように40度となり、暑く長い夏が始まっています。アンナダーナ当日は、少し気温が下がり40度を下回りましたが、暑い中での大変な作業が続く時となります。

今回は、AIIMS病院での実施を予定していましたが、無事に食事を作り終え、12時半頃に病院へ到着すると、周辺にはいつものように人がいません。話を聞くと、日曜日のOPD(外来)が急に中止になってしまったとのことでした。インドでは事前に予告なく、こうした変更が行われることが多くあります。

知らずに訪れている患者さんの姿がまだ周囲にありましたが、いつものようにアンナダーナを実施している方々も複数おり、食事の配給がほとんど進みません。この日にアンナダーナを実施していた方々も、OPDがなくなったことを知らずに来ており、困っているようでした。

配る人があまりいない上に、気温は35度を超えています。調理済みの食事をあまり長く外に置いておくのも心配でした。病院の関係者の方に相談すると、近くにスラム街があり、食事を必要としている人々がたくさんいるため、そこで配ると良いとアドバイスを頂きました。

このままではせっかくの食事が無駄になってしまうため、スラム街へ向かうことを決め、14時前に到着。スラム街はとても狭くトラックでは中へ入れないため、配給場所を確認したりと少し時間がかかりましたが、無事に配給を始めることができました。ここでも食事を必要としている方々が本当にたくさんおり、無事に食事を配り終えることができました。今回も1000食分以上を用意しましたが、病院とスラム街において、半分ずつくらいの食事を配り終えています。

病院での配給では長蛇の列ができるため、通常は2時間半ほどで1000食分を配り終えることができます。今回は、移動の時間などもあったため、配り終えたのは夕方になってしまいました。最初はどうなるかと思いましたが、食事を必要としている人はたくさんおり、食事が無駄になることは絶対にないと、現地スタッフから言葉をもらい安心。

当初の予定通りには行きませんでしたが、インドでは予定通りに物事が進むことの方が少ないかもしれません。そこで学ぶこともとても多くあります。もしかしたら、この日はスラム街の方たちがとても食事を必要としていたのかもしれません。どんな出来事も、最善のために起こるのだと信じ、感謝をして受け入れながら進み続けたいと思います。

この度は、当初の予定通りにアンナダーナを進められず、誠に申し訳ございません。今後は周囲の状況に注意しながら、進めていたきたと思っています。次回は、寺院でのアンナダーナを予定しています。次回も温かいご協力のほど、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

アンナダーナを通じ、皆様にも大きな恩寵がありますように。

(スタッフ:ひるま)