インド縦断ツアー4

カーマキャー寺院には、カーマキャ女神とそれを取り囲むように10の女神(ダシャ・マハーヴィディヤー)が祀られています。
遠い距離のもので2~3キロ、近いものでは、100mくらいの距離のところにダシャ・マハーヴィディヤーに属する女神の寺院がありますし、カーマキャー女神と数十センチ離れた位置に祀られているご神体もあります。
ところが全体の寺院を巡った後気付いたのですが、女神が1柱足りないのです。
トリプラ・スンダリー女神の寺院が見当たりません。
取りこぼすわけにはいかないので、アッサム州のガイドに尋ねると、彼のグルに電話をしてくれ、カーマキャー女神とマータンギー女神、カマラ女神を併せてトリプラ・スンダリー女神という。」という回答がありました。
その話はかなり疑問に思ったのですが、あとで思い出すと確かにカーマキャー女神のご神体に参拝した時にそのご神体のすぐ近くに隣がマータンギー女神とカマラ女神が合体したご神体がありました。
しかし、三女神を併せてトリプラ・スンダリー女神と呼ぶ、という話は初耳で相当驚かされました。
もちろんダシャ・マハーヴィディヤーが祀られているのは、インドの他の地域にもあるでしょうし、他の地域はどうであるかはわかりませんが、ここグワハティではそうなのだと解釈しました。
10の女神の巡礼は、最後は独身者のみでドゥマーヴァティー寺院を訪れましたが、参拝者はほとんどおらず、入口にアゴーリー行者(ある宗派のタントラ行者)が座ってジャパをしていたのが印象的でした。
インドの土着の神々は、本当に多種多様でその解釈も多岐にわたります。
今後もう少し調査が必要かもしれませんが、今回のツアーで新たに得た暫定情報としてご報告させていただきます。

(文章:ガネーシャ・ギリ)

‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥
ガネーシャ・ギリ氏共著 『インド占星術と運命改善法』

ガネーシャ・ギリによるインド占星術鑑定

ガネーシャ・ギリによるヨーガクラス
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥